ブラジルのボタフォゴに所属するMF本田圭佑は、クラブを退団することを表明した。現地時間30日に自身の公式SNSでメッセージを投稿している。

「皆さんに直接伝えたいことがあります。ご存知の通り、僕はボタフォゴを去ります」と本田はツイッターで投稿。年内限りでボタフォゴを退団することを明言した。

「まず、結果を出せていないという批判は受け止めます。批判されるのは当然ですし、言い訳はしませんが、僕自身も残念で申し訳なく思っています。それでも今季中はとても幸せでした。チームメート全員にも感謝しています。最後に、皆さん全員に改めて本当にありがとう。個人的にはアジアでのボタフォゴのアンバサダーとしてクラブを支え続けられる機会を探りたいと思います。ありがとう」と本田はポルトガル語でのメッセージを綴っている。

 本田は今年1月末にボタフォゴに加入。カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)で18試合に出場して2得点、州選手権とカップ戦を含めた公式戦合計で27試合に出場して3得点を記録していた。現在は負傷で離脱しており、今月19日に出場したコリチーバ戦が最後の試合となった。

 今後に向けてはポルトガルのポルティモネンセからのオファーがあるとも報じられ、ブラジルメディアでも欧州復帰が予想されている。本田の去就に注目が集まることになりそうだ。