欧州組日本人選手たちの現在地は?

 100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は2020年12月31日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

————

 70位台には欧州組の選手たちが数多くランクインした。注目はスペイン2部のレガネスでプレーする柴崎岳だ。森保一監督率いる日本代表では不動の司令塔を担うが、意外にも市場価値は低めとなっている。2部でプレーしている影響もあるのだろう。ヘタフェ時代の2018年7月には300万ユーロ(約3億6000万円)と評価されていたものの、現在は3分の1ほどの市場価値になっている。欧州移籍後、目立った活躍を見せられていない松原后や北川航也には、2021年の大ブレイクと市場価値の爆上げに期待したい。

<h3>80位:松原后(DF/シント=トロイデンVV[ベルギー])</h3>
生年月日:1996年8月30日(24歳)
市場価値:100万ユーロ(約1億2000万円)
今季リーグ戦成績:5試合出場/0得点1アシスト

<h3>79位:北川航也(FW/ラピド・ウィーン[オーストリア])</h3>
生年月日:1996年7月24日(24歳)
市場価値:100万ユーロ(約1億2000万円)
今季リーグ戦成績:10試合出場/3得点1アシスト

<h3>78位:豊川雄太(FW/セレッソ大阪)</h3>
生年月日:1994年9月9日(歳)
市場価値:100万ユーロ(約1億2000万円)
昨季リーグ戦成績:21試合出場/5得点1アシスト

<h3>77位:三田啓貴(MF/FC東京)</h3>
生年月日:1990年9月14日(30歳)
市場価値:100万ユーロ(約1億2000万円)
昨季リーグ戦成績:26試合出場/1得点4アシスト

<h3>76位:白崎凌兵(MF/鹿島アントラーズ)</h3>
生年月日:1993年5月18日(27歳)
市場価値:100万ユーロ(約1億2000万円)
昨季リーグ戦成績:9試合出場/2得点0アシスト

<h3>75位:佐々木翔(DF/サンフレッチェ広島)</h3>
生年月日:1989年10月2日(31歳)
市場価値:100万ユーロ(約1億2000万円)
昨季リーグ戦成績:32試合出場/1得点2アシスト

<h3>74位:室屋成(DF/ハノーファー[ドイツ])</h3>
生年月日:1994年4月5日(26歳)
市場価値:100万ユーロ(約1億2000万円)
今季リーグ戦成績:12試合出場/0得点0アシスト

<h3>73位:喜田拓也(MF/横浜F・マリノス)</h3>
生年月日:1994年8月23日(26歳)
市場価値:100万ユーロ(約1億2000万円)
昨季リーグ戦成績:30試合出場/0得点0アシスト

<h3>72位:柴崎岳(MF/レガネス[スペイン])</h3>
生年月日:1992年5月28日(28歳)
市場価値:100万ユーロ(約1億2000万円)
今季リーグ戦成績:16試合出場/1得点2アシスト

<h3>71位:西大伍(DF/ヴィッセル神戸)</h3>
生年月日:1987年8月28日(33歳)
市場価値:100万ユーロ(約1億2000万円)
昨季リーグ戦成績:26試合出場/1得点5アシスト