年末にアトレティコを退団

明治安田生命Jリーグは2020年シーズンが終わり、来月下旬の新シーズン開幕を前につかの間のオフを過ごしている。年明けとともに欧州各リーグの移籍市場が開く一方で、Jリーグの各クラブも新加入選手の獲得を着々と進めている。今回フットボールチャンネル編集部では、Jリーグのクラブも獲得可能な所属クラブが決まっていない選手5人をピックアップした(1月3日時点でフリーの選手が対象、市場価格は『Transfermarkt』を参照)。
——————————————–

FW:ジエゴ・コスタ(元スペイン代表)
生年月日:1988年10月7日(32歳)
市場価格:1000万ユーロ(約12億円)
最終所属:アトレティコ・マドリード(スペイン)
20/21リーグ戦成績:7試合出場/2得点0アシスト

 昨年末にアトレティコ・マドリードはジエゴ・コスタとの契約解消を発表している。契約を今年6月まで残していたが、ジエゴ・コスタ本人の希望をクラブが受諾する形で合意に至った。フリー移籍が可能ということもあって興味を示すクラブは多く、新天地はプレミアリーグが有力とされている。

 ブラジル生まれのジエゴ・コスタはポルトガルを経由し、17歳のときにアトレティコに移籍する。期限付き移籍を経て主力に成長し、14年夏にチェルシーに移籍。3シーズンでプレミアリーグ52得点をマークして2度のリーグ優勝に貢献した。

 ディエゴ・シメオネ監督たっての願いで18年1月にアトレティコに正式に復帰したが、負傷の影響で思うように活躍はできず。ルイス・スアレスが加入した今季は2度の負傷による離脱を経験し、リーグ戦の先発出場は2度に留まっていた。

<h2>22得点を挙げた元リバプールFW

FW:ダニエル・スタリッジ(元イングランド代表)
生年月日:1989年9月1日(31歳)
市場価格:400万ユーロ(約4.8億円)
最終所属:トラブゾンスポル(トルコ)
19/20リーグ戦成績:11試合出場/4得点4アシスト

 ダニエル・スタリッジは自らの手でキャリアを汚してしまった。リバプール在籍時に内部情報を外部に流したことで賭博に関与。FA(イングランドサッカー協会)から罰金と活動停止の処分を受け、昨年3月に所属するトラブゾンスポルとの契約も解除された。

 マンチェスター・シティでトップチームに昇格し、チェルシーに移籍した。22歳だった11/12シーズンにリーグ戦11得点を挙げ、13年1月にリバプールに移籍。ブレンダン・ロジャース監督の下でルイス・スアレス、ラヒーム・スターリングらと強力な攻撃陣を形成し、加入から1年半で32ゴールをマークした。

 しかし、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラーらの活躍もあり、リバプールでの出場機会は減少の一途をたどった。イギリス代表として出場した12年のロンドン五輪でゴールを決め、2年後にはワールドカップに出場した経験を持つスタリッジだが、所属クラブが決まらない状況が1年近く続いている。

<h2>日本代表戦でゴール

FW:ウィルフリード・ボニー(元コートジボワール代表)
生年月日:1988年12月10日(32歳)
市場価格:320万ユーロ(約3.8億円)
最終所属:アル・イテハド(サウジアラビア)
19/20リーグ戦成績:10試合出場/5得点1アシスト

 昨年11月1日、ウィルフリード・ボニーと所属するアル・イテハドは双方合意の下で契約解消に至った。昨年1月に加入したボニーはリーグ戦10試合に出場し、5得点という結果を残している。

 チェコのスパルタ・プラハで頭角を現し、オランダのフィテッセでは12/13シーズンにエールディビジ得点王に輝いた。その直後にイングランドに渡り、スウォンジー、マンチェスター・シティ、ストーク・シティでプレー。19年1月から半年間は期限付き移籍でカタールのアル・アラビでプレーしたが、シーズン終了とともに保有するスウォンジーとの契約も満了となり、アル・イテハドに加入するまでの半年間は無所属が続いていた。

 52試合に出場した実績を持つコートジボワール代表では14年のワールドカップにも出場し、日本代表戦では同点ゴールを決めている。現時点でJリーグ加入の噂はないが、日本人選手との対戦という点において、ボニーはいいイメージを持っているかもしれない。

<h2>元チェルシーのダイナモ

MF:ラミレス(元ブラジル代表)
生年月日:1987年3月24日(33歳)
市場価格:350万ユーロ(約4.2億円)
最終所属:パルメイラス(ブラジル)
2020リーグ戦成績:16試合出場/0得点0アシスト

 ブラジル代表として2大会連続でワールドカップに出場したラミレスは、昨年11月27日に所属していたパルメイラスとの契約を双方合意の下で解除している。19年夏に中国の江蘇蘇寧から10年ぶりに母国復帰を果たしたが、思うような出場機会を得られなかった。

 名門クルゼイロからポルトガルのベンフィカに移籍したのは2009年で、翌年にはブラジル代表としてワールドカップに出場した。大会後にチェルシー移籍を果たすと、11/12シーズンの欧州制覇に貢献している。

 中盤の底を主戦場に、無尽蔵のスタミナでピッチを縦横無尽に走るのが往年のプレースタイルだ。長い足を活かしたボール奪取能力や独特な間合いのドリブルが特徴で、3月には34歳になるがまだまだ活躍が期待できる。パルメイラス退団直後には、日本の2クラブが獲得オファーを出したとも報じられている。

<h2>アーセナルのガラスの天才

MF:ジャック・ウィルシャー(元イングランド代表)
生年月日:1992年1月1日(29歳)
市場価格:400万ユーロ(約4.8億円)
最終所属:ウェストハム(イングランド)
20/21リーグ戦成績:1試合出場/0得点0アシスト

 ガラスの天才は活躍の場を探している。度重なる怪我に悩み続けるジャック・ウィルシャーは昨年10月にウェストハムを退団。現在は16/17シーズンに所属したボーンマスで、コンディション維持を目的にトレーニングに参加している。

 16歳のときにアーセナルでデビューし、18歳でイングランド代表としても初出場を飾った。アーセン・ベンゲル監督はウィルシャーを慎重に起用し続けたが、シーズンを通して主力として活躍したのは10/11シーズンのみ。ベンゲルが監督を退任した18年夏、契約満了となったウィルシャーもアーセナルを去った。

 当初はラ・リーガやセリエA、ブンデスリーガなど欧州のトップリーグでのキャリアを望んでいたが、所属先は決まらず。昨年12月には「現実的にイングランドのビッグクラブが自分を獲得する可能性は低いと考えている。外国のどこかでチームを見つけなければならないと思う」とインタビューで語り、北米やアジアでプレーする可能性も示唆している。

【了】