17歳でバルサの門を叩く

 バルセロナはようやく本来の姿を取り戻しつつある。昨年12月からリーグ戦7試合で一度しか負けておらず、現在は6戦無敗を継続している。1月3日に行われた新年初戦のラ・リーガ第17節のウエスカ戦も1-0で勝利した。過密日程をこなし、勝ち点を積み重ねていくなかで目立ったのは18歳のMFペドリの躍動だ。加入半年でいまやレギュラーの一角に収まりつつある。(文:舩木渉)

———-

 日本サッカー界にはビッグイベント目白押しの年末年始に休みという概念は存在しないが、欧州ではクリスマスから年始にかけて小休止があるのは一般的だ。

 だからほとんど休みなく、毎日のように複数の国でリーグ戦が慌ただしく稼働している今季は異例と言っていいだろう。新型コロナウイルス感染拡大の影響で変化を迫られた欧州サッカー界は、例年にない過密日程で公式戦を消化している。

 もちろんその代償として各国の多くのクラブで負傷者が続出しているし、ほぼ強制的にターンオーバーを強いられるような状況で試合そのもののクオリティも下がっている。だが、ベテランたちが悲鳴をあげるような厳しいスケジュールも、エネルギーにあふれた若手選手には楽しくて仕方ないのかもしれない。

 バルセロナは昨年12月から今日までの約1ヶ月で8試合をこなしている。フル稼働が当たり前だったリオネル・メッシにすら休みが与えられるなかで、8試合全てでピッチに立った選手もいる。昨年11月25日に18歳になったばかりのペドリは、誕生日直後の12月から現在までリーグ戦7試合とUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の1試合、全てに起用された。

 すでに世界的名門で自らの立ち位置を確立したとも言えるだろう。最近では4-2-3-1のトップ下か4-3-3のインサイドハーフとして先発の座を守り続けている。

 アンドレス・イニエスタの後継者とも目される才能だが、バルサの下部組織ではない。本土から遠く離れたテネリフェ島の小さな街テゲステで生まれ育ったペドリは、隣のグラン・カナリア島に本拠を置くラス・パルマスでプロデビューを飾り、昨夏17歳でバルサに引き抜かれた。

 ロナルド・クーマン監督のお気に入りとなった若き至宝のためにバルサが支払った移籍金はたったの500万ユーロ(約6億円)で、出場時間に応じて生じる追加のボーナスも400万ユーロ(約4億8000万円)だという。あれだけの才能をたったの10億円そこそこで獲得できてしまった。現代の感覚で言えば“格安”である。

 イニエスタがバルサでトップチームに昇格した直後の2002年11月25日に生を受け、9歳でイニエスタがスペイン代表の南アフリカワールドカップ優勝を決めるゴールをテレビ観戦した少年は、まさしく新世代の旗手となりうるポテンシャルの持ち主だった。

イニエスタを彷彿とさせるプレースタイル

 テクニシャンではあるが、自らの技術を見せびらかすような派手なことはしない。シンプルで効果的なプレーに徹し、確実性の高いプレーで違いを生み出す。華やかさよりも実利に重きを置くスタイルは、ペドリ自身のアイドルでもあったイニエスタに重なる。

 言い方を変えれば「目立たない」が、それこそが真骨頂。プレーのほとんどがワンタッチかツータッチで、相手の守備網のなかにできたスペースにすっと顔を出してボールをさばくと、またすぐに動きなおして次のスペースへ。このシンプルな動作を繰り返していくと、いつのまにかディフェンスはボロボロに壊れているのである。ペドリの2手先も3手先も予測しているような連続性ある動きは、まるでボクシングのジャブのようだ。

 メッシとの相性も抜群にいい。象徴的だったのは昨年12月22日に3-0で勝利したバジャドリー戦、メッシの3点目の場面だ。フレンキー・デ・ヨングからの縦パスを半身で足もとに受けたペドリは、自分の背後を走り抜ける10番にヒールパスを通した。18歳の若者からパスが出てくると信じて走ったメッシと、そのスピードを殺さない絶妙かつ高難度のラストパスを供給したペドリのイメージがシンクロしたゴールだった。

 バジャドリー戦後のインタビューのなかでチームメイトのクレマン・ラングレが「彼ら2人は優れた選手であり、優れた選手というのはお互いを理解し合うものだ。ペドリは頭を使ってプレーしていて、他の選手よりも思考スピードが早いし、メッシとの連係もいい。すべてはペドリの頭がいいからできることだ」と語っていたのが全てだろう。

 バルサ加入1年目の18歳は、すでに周囲から実力を認められ、確かな信頼を勝ち取っていることがうかがえる発言でもあった。

 ペドリのことを少年時代に指導していた地元テゲステのクラブのコーチ、ルーベン・デルガド氏は『The Athletic』に対してこんなことを語っていた。

「ペドリのプレーというのは、全てが非常にシンプルでありながら、全てが非常に重要なんだ。彼は股抜きをしたり、何度もボールをまたぐようなプレーを望んではいなかった。単純なことと正しいことをするだけ。周りとは違っていた。

例えば彼のサッカーの見方、ゲームへの理解、他の誰にも見つけられないようなスペースの発見、そしてチームメイトたちとの成熟度にも違いがあった。彼のような選手をサッカー界で見つけるのは難しいと思うようなことをするんだよ。そしてペドリはイニエスタを思い出させる」

今後10年のバルサを背負う存在に

 現地1月3日に行われたウエスカ戦でも才能が光っていた。圧倒的に支配し、数多のシュートを放ちながらデ・ヨングの1点のみしか奪えない難しい展開の試合で、ペドリは「96回」のボールタッチを記録した。

 4-3-3の左インサイドハーフを基本ポジションとしながら、幅広く動き回り、自陣ゴール前に引きこもる相手の守備網を崩そうと試みた。極めて狭いスペースのなかでパス成功率は「83.6%」と高い数字を残した。そして、シュートにつながったキーパスの数はチーム最多の「4本」である。

 敵陣ペナルティエリアの左手前で違いを生み出すといえば、思い浮かべるのはやはりイニエスタの姿だ。小柄で細身な容姿からも、ペドリに稀代の名手を重ねてしまう。2人とも成功の確信がないかぎりヒールパスを繰り出すことはない。

 これまでトップリーグ経験のなかった18歳の青年を重用してきたクーマン監督は、昨年12月29日のエイバル戦を前にした記者会見のなかで「監督として彼にはチャンスとアドバイスを与えてきた。だが、彼はとても謙虚な家族で育った選手で、もっとうまくなるために何をすべきか、さらに自分がすでに高みにいると考えてはいけないことをよく理解している」とペドリを絶賛していた。

 おそらく今後も中盤のキーマンとして起用され、バルサになくてはならない存在としてスターへの階段をのぼっていくことになるだろう。10年単位で主軸を任せられるポテンシャルを秘めている。目下の課題はゴール前での落ち着きや決定力だが、得点力の向上は時間と経験が解決してくれる部分でもあるだろう。

 イニエスタの後継者として、ペドリは偉大な先駆者の影を飛び出して、超えていけるかもしれない。バルサ加入から半年でカナリア諸島出身の青年が披露してきたパフォーマンスからは、明るい未来しか想像できないのだ。