レアル・マドリードに所属するセルビア代表FWルカ・ヨビッチが、今冬の移籍市場で同クラブを退団することになりそうだ。スペイン『マルカ』が現地時間9日に報じた。

 2019年にフランクフルトからマドリーに移籍したヨビッチ。今季はここまで公式戦5試合の出場にとどまっている。最近の低調なパフォーマンスにより、ジネディーヌ・ジダン監督がヨビッチに見切りをつけ、FWの序列も3番目になっているという。

 そんなヨビッチには古巣のフランクフルトやACミランが興味を示しているようだ。今冬の移籍市場で何か動きがあるかもしれない。果たして、ヨビッチは出場機会を求めて移籍することになるのだろうか。