アーセナルに所属する32歳の元ドイツ代表MFメスト・エジルが、残りの給与を諦めてトルコ1部のフェネルバフチェに移籍することを検討しているようだ。14日に英メディア『ザ・アスレティック』が報じている。

 今年6月にアーセナルとの契約が終了するエジル。同メディアによると、このままアーセナルに残留した場合は700万ポンド(約9億9000万円)を受け取るという。しかし、エジルはフェネルバフチェ移籍に前向きで、契約の早期終了に向けてアーセナルと交渉を行っているとのこと。

 アーセナルとの交渉が成立した場合は、エジルは契約解除してフリーで移籍すると考えられている。移籍先候補はフェネルバフチェとメジャーリーグサッカー(MLS)のDCユナイテッドがあるが、エジルはフェネルバフチェの方を優先的に検討しているようだ。果たして、エジルは冬の移籍市場でアーセナルを去ることになるのだろうか。