【ヘタフェ 1-0 ウエスカ リーガエスパニョーラ第19節】

 リーガエスパニョーラ第19節、ヘタフェ対ウエスカの試合が現地時間20日に行われた。ヘタフェが1-0の勝利をおさめている。

 ヘタフェに所属する久保建英は加入後初の先発出場を果たし、ウエスカの岡崎慎司はベンチ入りした。18分、ゴール前のフリーキックから久保が直接ゴールを狙うがウエスカのGKアルバロ・フェルナンデスに止められる。35分には、右サイドの深い位置から久保が再びフリーキックから直接ゴールに向かってシュートを放つがGKアルバロ・フェルナンデスがキャッチ。

 お互いにゴールを奪えない状況が続くも、70分にカルレス・アレーニャのパスに反応したヘタフェのマウロ・アランバリが飛び出し、最後は右足を振り抜いて先制点を決める。79分には岡崎が途中出場を果たし、80分には久保がベンチに下がった。リードを守り切ったヘタフェが1-0の勝利をおさめている。

【得点者】
70分 1-0 アランバリ(ヘタフェ)