5位:バルセロナ期待の若きMF

 主に夏と冬の2回に渡って選手の移籍市場が開き、選手の移籍に伴って毎年のように巨額の移籍金が動いている。今回フットボールチャンネル編集部は、19/20シーズンに高額な移籍金で移籍した選手をランキング形式で紹介する。※移籍金はデータサイト『transfermarkt』を参照、金額は現在のレートで統一

——————————

MF:フレンキー・デ・ヨング(オランダ代表)
生年月日:1997年5月12日(23歳)
所属クラブ:アヤックス→バルセロナ
移籍日:2019年7月1日(当時22歳)
移籍金:8600万ユーロ(約103億円)
初年度のリーグ戦成績:29試合出場/2得点2アシスト

 ヴィレムIIのアカデミー出身で、2015年5月にトップチームデビュー。そこから半年も経たぬうちに、わずか1ユーロ(約120円)という移籍金でアヤックスに籍を移している。そして、万能型MFは同クラブでも順調に成長。マタイス・デ・リフトらと共に世界から注目を浴びる存在となった。

 様々なビッグクラブから興味を示される中、同選手はオランダ人と深い関係にあるバルセロナ移籍を決断。移籍金は8600万ユーロ(約103億円)で、エールディビジの選手としては史上最高額であった。なお、バルセロナにとってこの男は史上20人目のオランダ人選手となっている。

 背番号21を着けた若きMFは加入1年目から主力として活躍。さっそくサポーターのハートを射抜いた。そして、在籍2年目となった今季も安定したパフォーマンスを披露。ここ最近はインテリオール起用が基本となったことでチャンスに絡む回数が増加しており、ますます怖い存在となっている。

4位:赤い悪魔の巨漢CB

DF:ハリー・マグワイア(イングランド代表)
生年月日:1993年3月5日(27歳)
所属クラブ:レスター→マンチェスター・ユナイテッド
移籍日:2019年8月5日(26歳)
移籍金:8700万ユーロ(約104億円)
初年度のリーグ戦成績:38試合出場/1得点1アシスト

 シェフィールド・ユナイテッド、ハル・シティ、ウィガンで経験を積み、2017年にレスターへステップアップ。そこから評価を高めるのにそう多くの時間はかからず、イングランド代表にも定着するように。2018年のロシアワールドカップでは主力として母国のベスト4入りに大きく貢献していた。

 こうしてセンターバックとしての存在価値を示したイングランド代表戦士は、2019年にマンチェスター・ユナイテッド加入を決断。移籍金は8700万ユーロ(約104億円)で、2018年にサウサンプトンからリバプールへ渡ったフィルジル・ファン・ダイクを抜き、DFとしては史上最高額となった。

 ユナイテッドでは1年目から主将に就任し、プレミアリーグでは全38試合に出場するなど鉄人ぶりも証明。今季もチームをしっかり牽引している。しかし、繊細さを欠くプレーから批判を浴びることもしばしば。現在も指揮官からの信頼は厚いが、サポーターからの評価は半々といったところだ。

3位:チェルシー時代の輝きはどこへ?

FW:エデン・アザール(ベルギー代表)
生年月日:1991年1月7日(30歳)
所属クラブ:チェルシー→レアル・マドリード
移籍日:2019年7月1日(当時28歳)
移籍金:1億1500万ユーロ(約138億円)
初年度のリーグ戦成績:16試合出場/1得点6アシスト

 チェルシー時代のベルギー代表戦士は間違いなく世界最高レベルのプレーを披露していた。ドリブルは一度勢いに乗ると手がつけられないほど切れ味鋭く、シュートセンスもピカイチ。プレミアリーグ最優秀選手賞をはじめ多くの個人賞を受賞するなど、その輝きはまさに特別なものがあった。

 だからこそ、2019年夏に1億1500万ユーロ(約138億円)とされる移籍金でレアル・マドリードに加入した際の期待感は果てしなく大きかった。当時、フロレンティーノ・ペレス会長も「並外れたプレーヤーがチームの一員になる」とコメントを残すなど、同選手には確かな信頼を寄せていた。

 しかし、マドリー加入後のアタッカーは負傷続きで全くと言っていいほど輝けず。1年目はリーグ戦わずか1得点に終わった。そして在籍2年目の今季も怪我を繰り返すなど継続性を欠いており、サポーターを満足させるには至っていない。チェルシー時代の輝きはどこへ行ってしまったのか。

2位:世界一に輝いたレフティー

FW:アントワーヌ・グリーズマン(フランス代表)
生年月日:1991年3月21日(29歳)
所属クラブ:アトレティコ・マドリード→バルセロナ
移籍日:2019年7月14日(当時28歳)
移籍金:1億2000万ユーロ(約144億円)
初年度のリーグ戦成績:35試合出場/9得点4アシスト

 2014年から在籍するアトレティコ・マドリードでは絶対的エースとして活躍し、公式戦257試合の出場で実に133得点を奪っている。そして、フランス代表でも中心的存在となっており、2018年のロシアワールドカップでは全試合に出場し4得点3アシストをマーク。優勝の立役者となっていた。

 そんな世界屈指の実力者となった男を狙い続けていたのがバルセロナで、移籍報道は毎年のように流れてきていた。そして、2019年に念願の獲得が実現。移籍金はフィリッペ・コウチーニョ、ウスマンヌ・デンベレに次ぐクラブ史上3番目となる1億2000万ユーロ(約144億円)となっている。

 ただ、バルセロナ加入後のフランス代表戦士はあまり怖さがなく、加入1年目はリーグ戦での得点数が二桁に届かなかった。今季もウイングやセンターフォワード、トップ下と様々なポジションで起用されてはいるものの、インパクトという意味では物足りず。評価の上げ下げを繰り返している。

1位:ポルトガルの未来

FW:ジョアン・フェリックス(ポルトガル代表)
生年月日:1999年11月10日(21歳)
所属クラブ:ベンフィカ→アトレティコ・マドリード
移籍日:2019年7月3日(当時19歳)
移籍金:1億2720万ユーロ(約153億円)
初年度のリーグ戦成績:27試合出場/6得点1アシスト

 8歳でポルトの下部組織に入団したが、体が小さかったことが原因で15歳の時に放出されている。しかし、その後に移籍したベンフィカでは特別な才能が完全開花。2018/19シーズンにトップ昇格を果たし、同シーズンのヨーロッパリーグ(EL)では大会史上最年少ハットトリックを達成している。

 こうして世界にその名を轟かせた男は、2019年にバルセロナへ去ったアントワーヌ・グリーズマンの後釜としてアトレティコ・マドリードに加入。移籍金は1億2720万ユーロ(約153億円)とされており、10代選手としてはフランス代表のキリアン・ムバッペに次ぐ世界2番目の金額となっている。

 大きな期待を背負ってスペインの地へ渡ったポルトガル代表FWは、1年目こそ本領発揮とはならなかったものの、アトレティコ在籍2年目となった今季は躍動しており、ルイス・スアレスらと共に攻撃陣を見事に牽引している。ラ・リーガ上陸後初の二桁得点はほぼ間違いないとみていいはずだ。