マンチェスター・ユナイテッドからブレーメンへレンタルされていたU-21オランダ代表MFタヒス・チョンはレンタルを解消し、ベルギー1部のクラブ・ブルージュへ新たにレンタルされることが決定した。30日に各クラブから発表が行われている。

 21歳のウインガーであるチョンはユナイテッドの下部組織から2019年1月にトップチームデビュー。過去2シーズンで公式戦合計16試合に出場したあと、昨年夏からブレーメンにレンタルされていた。

 大迫勇也ともチームメートになったブレーメンではブンデスリーガで開幕スタメンを飾ったが、レギュラーには定着できず。リーグ戦13試合に出場したが先発は4回にとどまっていた。DFBポカール(ドイツ杯)では2試合に出場して1得点を挙げた。

「13試合に出場したが、それ以上を望んでいただろう」とユナイテッドはレンタル先の変更を発表するにあたってコメント。クラブ・ブルージュでは「彼の求めているプレー時間が得られるだろう」と見通しを示している。

 昨季ベルギー王者であるクラブ・ブルージュは今季も首位を快走中。30日にはトルコのフェネルバフチェからのレンタルでモロッコ代表MFナビル・ディラルを獲得することも発表している。