アーセナルに所属する23歳のイングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズがウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)へ移籍する見通しになった。1日に英メディア『フットボールロンドン』が報じている。

 同メディアによると、今季終了までの半年レンタルでWBAに加わる見通しになったという。冬の移籍期間が終了する直前にサウサンプトンやレスター・シティなどとも交渉を行っていたが、最終的にWBAとの契約を成立させる見込みになったようだ。

 エインズリー・メイトランド=ナイルズは今季公式戦21試合に出場し3アシストを記録しているが、ベンチ止まりの試合やベンチ外の試合もある。イングランド代表としてEUROに出場することを目指しているため、より継続的にプレーできるクラブに移ることを決めたようだ。