リバプールに所属する26歳の日本代表FW南野拓実が1日、今季終了までのレンタルでサウサンプトンへ移籍した。

 サウサンプトンはイングランド南部に位置するハンプシャー州サウサンプトンをホームとするクラブで、1885年にクラブが創設されてから136年の歴史を築いている。プレミアリーグで優勝した経験はないが、1975/76シーズンにFA杯のタイトルを獲得している。

 2011/12シーズンにチャンピオンシップ(イングランド2部)で2位となり、2012/13シーズンに1部へ昇格して以降は9シーズン連続でプレミアリーグで戦っている。今季は20試合を終えた段階で11位。次節、現地時間2日に2位マンチェスター・ユナイテッドと対戦する予定だ。

 現在、リバプールの主力として活躍するセネガル代表FWサディオ・マネやオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク、イングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンもサウサンプトンで育った。

 サウサンプトンでは、過去に吉田麻也や李忠成がプレーしている。南野はクラブ史上3人目の日本人選手だ。果たして、南野はサウサンプトンでどのような活躍を見せるのだろうか。