アヤックスのGKアンドレ・オナナが、ドーピング違反により12カ月の出場停止処分を科された。アヤックスはこれに対して、上訴に動くことを発表している。

 カメルーン代表のオナナは、昨年10月のドーピング検査で陽性となった。これに対する処分が5日から適用されることになっている。

 ただし、アヤックスは即座に声明を出し、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴すると発表。「10月30日の午前、体調がすぐれなかったオナナは、錠剤を服用した。しかし、誤って妻が以前処方されていたラシマックを服用した」と声明を出し、意図的な行為ではないと説明した。

 選手本人も声明を出し、「人為的なミスであることを明確にしたい。アスピリンと間違えて、WADAが禁止する物質が入った薬を飲んでしまった。妻が処方された薬とパッケージが似ていて間違えてしまった。とても後悔している」と説明。

 さらにオナナは「僕は24歳で、ここ数シーズンはアヤックスと代表の両方でほとんどプレーさせてもらっている。ここ4年はオランダで、ここ3年はアフリカで、最優秀GKにも選ばれた。僕はドーピングに頼る必要がないと主張したい」と主張した。