セビージャに所属する22歳のフランス人DFジュール・クンデに対し、マンチェスター・ユナイテッドを含む複数のビッグクラブが獲得を検討しているようだ。11日にスペイン紙『アス』が報じている。

 同紙によると、ユナイテッドやマンチェスター・シティ、バルセロナやレアル・マドリード、パリ・サンジェルマン(PSG)がクンデに興味を示しており、いずれかのクラブがクンデの契約解除金8000万ユーロ(約101億7000万円)を支払って夏に獲得する可能性があるとのこと。

 クンデは2019年7月にジロンダン・ボルドーからセビージャに移籍。今季はセンターバックとして公式戦30試合に出場し3得点を記録している。現地時間10日に行われたスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)準決勝1stレグのバルセロナ戦では、長い距離をドリブルで突破してゴールを決めていた。