【ヘタフェ 0-1 レアル・ソシエダ ラ・リーガ第23節】

 ラ・リーガ第23節、ヘタフェ対レアル・ソシエダが現地時間14日に行われた。ホームのヘタフェが0-1の敗戦をい喫した。

 ヘタフェに所属する日本代表MF久保建英は8日の前節レアル・マドリード戦では途中出場。久保はソシエダ戦もスタメンから外れ、2試合連続のベンチスタート。58分からの途中出場となった。

 先制したのはソシエダ。30分、右サイドからのクロスをファーサイドでオヤルサバルがダイレクトで合わせる。ボールはクロスバーを直撃したが、最後はイサクが押し込んだ。

 67分、久保は自らのFKのこぼれ球から右サイドで仕掛け、鋭い切り返しから左足でクロスを供給。相手に当たるも、クチョがヘディングシュート。これはゴールとはならなかったもが、久保がチャンスを作った。

 しかし、その後もヘタフェは得点を奪うことができず。ヘタフェは0-1の敗戦を喫した。敗戦したヘタフェはこれで5試合勝利なしとなっている。

【得点者】
30分 0-1 イサク(ソシエダ)