ユベントスに所属する32歳のコロンビア代表MFフアン・クアドラードが、ハムストリングを痛め離脱した。15日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 同メディアによると、クアドラードのハムストリングに軽度の損傷が確認されたという。復帰は早ければ現地時間3月3日に行われるスペツィア戦となり、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のポルト戦、セリエAのクロトーネ戦やヴェローナ戦を欠場する見通しになったとのこと。

 クアドラードは今季、右サイドバックなどのポジションで公式戦25試合に出場し13アシストを記録している。それだけに、ユベントスにとってクアドラードの離脱は痛手となりそうだ。