UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、ライプツィヒ対リバプールが現地時間16日に行われた。リバプールが2-0の勝利を収めた。リバプールの公式サイトにリバプールを率いるユルゲン・クロップ監督のコメントが掲載されている。

 前半を0-0で折り返したリバプールだったが、53分にサラーのゴールで先制に成功。続く58分にマネが追加点。リバプールはアウェイで2点を決め、さらにクリーンシートで優位に立った。

 クロップ監督は試合後、「パフォーマンスにとてもとても満足している。我々は準備する時間が少なかった。トリッキーなことだ。でも、我々は良くやっていたし、上手くプレーしていた。勝利に値したと思う。そして、良いフォーメーションで、良い状態で彼らのミスを見逃さなかった。だから、パフォーマンスに満足している」とコメントした。

 リーグ戦では低迷中のリバプールだったが、ライプツィヒにアウェイで先勝。ホームの2ndレグでも勝利を収めることができるだろうか。