UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、ライプツィヒ対リバプールが現地時間16日に行われた。リバプールが2-0の勝利を収めた。リバプール主将のMFジョーダン・ヘンダーソンのコメントがリバプール公式サイトに掲載されている。

 キャプテンマークを巻いたヘンダーソンはライプツィヒ戦に先発出場。クリーンシートでリバプールの2-0勝利に貢献した。

 試合後のインタビューに答えたヘンダーソンは「我々にとって重要な試合で、タフだった。でも我々は本当に全てのパフォーマンスに満足し、ゴールを決めたこと、クリーンシートを達成したことは重要である」と答えた。

 先勝したリバプールだが、ヘンダーソンは2ndレグを見据えている。「満足のいくパフォーマンスだが、まだ半分が終わっただけ。2ndレグが残っている。僕らにはもう一つタフな試合が待っている」とも話している。

 負傷者を多く抱えるリバプール。リーグでは低迷も、CLのライプツィヒ戦で見事な完封勝利を見せた。