【セビージャ 2-3 ドルトムント CL決勝トーナメント1回戦1stレグ】

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、セビージャ対ドルトムントの試合が現地時間17日に行われ、ドルトムントが3-2の勝利をおさめている。この試合でドルトムントに所属する20歳のノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドが大会新記録を樹立した。

 8分、セビージャのスソに先制点を決められてしまう。それでも19分、ハーランドからパスを受けたモハメド・ダウドが同点ゴールを決めた。27分には、ジェイドン・サンチョとのワンツーパスで抜け出したハーランドが逆転ゴール。43分にもハーランドが得点し2点差に。84分にセビージャのルーク・デ・ヨングに1点を返されるも、ドルトムントが3-2の勝利をおさめている。

 サッカーのデータ分析を手がける『Opta』によると、ハーランドはドルトムントに加入後、CLの7試合に出場して10点を決めたという。1クラブで二桁得点に達したCL最速記録になったようだ。

 なお、これまではロイ・マカーイ氏がバイエルン・ミュンヘンに在籍していた2003年から2004年の間に10試合で10得点決めた記録が最速だった。ハーランドはザルツブルク在籍時に6試合で8得点決めており、CLデビューから合計13試合で18得点を記録したことになる。