【バジャドリー 2-1 ヘタフェ リーガエスパニョーラ第26節】

 リーガエスパニョーラ第26節、レアル・バジャドリード対ヘタフェの試合が現地時間6日に行われた。ヘタフェが1-2の敗戦を喫している。

 累積警告により今節はマルク・ククレジャが欠場。その代役として、ここ最近ベンチスタートが続いていたカルレス・アレニャが先発起用された。ヘタフェに所属する久保建英はベンチ入りしている。

 すると14分、クロスボールをファビアン・オレジャーナが頭でゴール前に折り返し、最後にオスカル・プラノがヘディングシュートを決めてバジャドリーに先制点が入った。さらに24分、オレジャーナのクロスをヘタフェのGKダビド・ソリアが手でボールを触るも、弾き出せずにバジャドリーのショーン・ヴァイスマンに追加点を入れられてしまう。

 それでも37分、エネス・ユナルからパスを受けたヘタフェのハイメ・マタが右足でゴールを決めて1点を返す。後半に入ると、久保がダミアン・スアレスに代わり途中出場を果たした。だが、84分にマタが退場しヘタフェは数的不利に。ヘタフェは1-2の敗戦を喫している。

【得点者】
14分 1-0 プラノ(バジャドリー)
24分 2-0 ヴァイスマン(バジャドリー)
37分 2-1 マタ(ヘタフェ)