日本サッカー協会(JFA)は18日、今月に行われる国際親善試合とFIFAワールドカップカタール2022・アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選に挑む日本代表メンバーを発表している。

 昨年10月と11月の欧州遠征はオール海外組で挑んだ日本代表。今回の代表ウィークではJリーグ勢もメンバーに名を連ね、8名がA代表初招集となった。MFでは柏レイソルMF江坂任、サンフレッチェ広島MF川辺駿、セレッソ大阪MF原川力とMF坂元達裕の4名が初招集となっている。

 柏で背番号10を背負う江坂は、2018年に大宮アルディージャから柏へ移籍。1年目からレギュラーの座を掴んだ。FW、トップ下、サイドハーフなど攻撃的なポジションを高いレベルでこなし、ドリブルやパス、シュートやキープ力など万能型の選手である。両足で決められる精度の高いキックは代表でも必見だ。

 広島のボランチとしてプレーする川辺は昨季、新型コロナウイルスの影響で過密日程となるも、Jリーグで全34試合に出場した。守備での貢献も高く献身性もあり、広島の攻守を支えるボランチである。

 現在27歳の原川は2016年のリオ五輪に出場。2018年からサガン鳥栖でプレーしていた原川は今季はC大阪へとプレーの場を移した。加入1年目の今季は好調C大阪のボランチを担い、ここまで6試合全てにフル出場1得点を記録。精度の高いキックを持ち、展開力も武器。前線にも顔を出せ、攻撃面でもチームを助けるボランチだ。

 原川とともにC大阪から初招集となった坂元。モンテディオ山形からの加入1年目の昨季は33試合の出場2得点を記録。急成長を遂げる24歳は今季好調でここまで6試合に出場2得点。17日に行われた大分トリニータ戦でのスーパーゴールは圧巻だった。自身の武器であるドリブルで相手を翻弄するプレーは見逃せない。