10位:初ゴールはデビューから9年

キャリアのすべてをローマに捧げたフランチェスコ・トッティ。イタリア代表として2006年のワールドカップ制覇に貢献したレジェンドは、セリエA通算で618試合に出場し、250得点を決めている。その輝かしい経歴の中で、最も多くのゴールを奪ったクラブはどこなのか。クラブ別の得点数をランキング形式で紹介する。※データは『transfermarkt』を参照
————————————————

ユベントス
対戦成績:39試合/10ゴール

 リーグ戦34試合で9得点。カップ戦5試合で1得点というのがユベントス戦でのトッティの数字。イタリア屈指の名門とは何度も対戦しているが、やはりトッティでもゴールを奪うのは困難だったことがうかがえる。

 トッティにとって、ユベントス戦は鬼門だった。93年にトップデビューを果たして以来、活躍を続けてきたが、ユベントス戦の初ゴールは2002年1月まで待たなければいけなかった。それでも、このゴールを皮切りに対ユベントスも苦としなくなり、ここからの8シーズンで7ゴールとコンスタントにゴールを決めた。07/08シーズンには、対ユベントス戦でキャリア唯一となる1試合2ゴールを達成している。

 大きな注目を集めたのは、12/13シーズンのゴールだ。相手DFに当たってはね返ってきたボールをミドルシュートで決めた一撃は、ゴールネットを突き破らんばかりの威力。あまりにも強烈で、多くの人の記憶に残っている。

<h2>9位:決勝でFK3発

ACミラン
対戦成績:41試合/11ゴール

 リーグ戦37試合で8得点。カップ戦4試合で3得点。計11得点を挙げた相手がACミランだ。

 ミラン戦での1試合2得点は3回経験。00/01シーズンと06/07シーズンはリーグ戦で、02/03シーズンはコッパ・イタリア決勝でのことだ。コッパ・イタリア決勝ではファーストレグでも1ゴールを記録して2試合で3ゴールと暴れたが、試合には敗戦。準優勝に終わり、この活躍はスポットライトを浴びなかった。このコッパ・イタリア決勝は、勝っていたらトッティの輝かしいキャリアをさらに輝かせたはずである。というのも、この3得点はいずれもFKによるもの。どれも完璧なゴールだった。

 トッティのミラン戦第1号は、95/96シーズンの綺麗なループシュートだった。ペナルティエリア右脇で相手GKよりも先にボールに触れたトッティ。中央はDFがカバーに戻ってきたが、右足のアウトで浮かせて決めている。

<h2>8位:ローマダービーでのゴール数は史上最多

ラツィオ
対戦成績:44試合/11ゴール

 リーグ戦37試合で11得点。カップ戦7試合で無得点。4試合で1ゴールというのは、決して高い決定率とは言えないかもしれない。しかし、ダービーの熱気の中で11ゴールというのは偉業である。実際、ローマダービーのリーグ戦最多得点記録を持っているのはトッティだ。

 熱狂のダービーで複数得点は2回。10/11シーズンの2-0で勝った一戦と、14/15シーズンの2-2で引き分けた一戦だ。また、98/99シーズンと01/02シーズンは前半戦でも後半戦でも1点ずつ決めた。

 もちろん、トッティらしいゴールも生まれた。5-1で大勝した2002年の対戦では、ゴールまで約30メートルという位置から得意のループシュート。ミドルシュートのフェイントでGKを誘い出して決めている。2015年の1試合2得点を決めた試合では、左からのクロスにジャンピングボレーで合わせて華麗にゴールを奪ったあと、スマートフォンでローマファンをバックに自撮りしたことも有名だ。

<h2>7位:超・お得意様

バーリ
対戦成績:13試合/12ゴール

 常に1部にいるわけではないバーリとの対戦は、リーグ戦での13回のみ。しかし、その相性の良さは群を抜いている。ほぼ1試合に1得点という驚異のペースで量産した。

 初めてバーリと対戦したのは94/95シーズン。その試合でゴールを記録すると、以降ゴールを量産。バーリがセリエAにいない時期や本人が欠場したシーズンもあるが、トッティがバーリと対戦したシーズンは全てゴールを記録している。

 09/10シーズンは、ハットトリックを達成。PKで先制点を決めると、さらに右足と左足でも1点ずつ挙げ、キャリアで4度のハットトリックのうちの1つをバーリ戦で成し遂げている。1試合2得点は2度で、97/98シーズンと10/11シーズンだ。

<h2>6位:名勝負に名ゴール。決勝でのリベンジも

インテル
対戦成績:48試合/12ゴール

 最も多く対戦した相手がインテル。リーグ戦36試合で11ゴール、コッパ・イタリアで8試合1ゴールを記録。イタリア・スーパーカップでも4度対戦したが、こちらは得点がなかった。

 インテル相手の1試合2得点は2回。05/06シーズンと13/14シーズンだ。特に前者は、トッティがインテルを得意としていた時期。03/04シーズンから5シーズン連続でインテルからゴールを決めた。中でも2005年10月の対戦は圧巻だった。自陣でボールを拾ったトッティはドリブルで敵陣を切り裂くと、ペナルティエリア手前でマテラッツィと対峙。シュートコースをつくったところで誰もがミドルシュートを放つと思ったが、まさかのループシュートで観衆を魅了した。

 コッパ・イタリアの得点は05/06シーズンの1つだけだが、決勝戦での得点で、これがタイトルにつながっている。前年にもインテルと決勝で対戦して敗れていただけに、リベンジという意味でも重要なゴールだった。

【了】