マンチェスター・ユナイテッドからのレンタル移籍でウェストハムに加入したイングランド代表MFジェシー・リンガードがイキイキしている。

 ユナイテッドでは今季リーグ戦での出場は1度もなく、FAカップとEFLカップの3試合のみの出場だった。だが今冬の移籍市場でウェストハムに加入すると、リーグ戦7試合で5得点3アシストを記録。3月の代表ウィークに臨むイングランド代表に選出され、同国代表復帰となった。

 リンガードは現地時間21日のアーセナル戦に先発。この試合で先制点を奪った。リンガードのゴールを皮切りにウェストハムは32分までに3点を先行。しかしその後、アーセナルに3失点を喫し、3-3のドローに終わった。

 それでもリンガードの先制点は強烈なインパクトを与えた。左サイドを抜け出したウェストハムFWマイケル・アントニオがリンガードへマイナスのパス。ボールを受けたリンガードはトラップでボールを浮かせ、右足をおもいっきり振り抜く。これがゴール右に突き刺さった。

 コース、スピード、コントロールとまさにお手本のような完璧なシュート。後ろのアングルから見ると明らかで、アウト回転がかかったボールはアーセナルGKベルント・レノから逃げるようにゴールへ吸い込まれた。トラップからシュートまで非常に速く、スピードのあるボールに対しレノは触れることさえできなかった。

 リンガードの凄さが分かるまさに完璧なビューティフルゴール。今季のユナイテッドでは構想外とされていたが、ウェストハムに移籍してからのリンガードは水を得た魚なのようにイキイキしている。イングランド代表に復帰したリンガードの今後の活躍が楽しみだ。