マンチェスター・シティは、来季に向けた新戦力候補としてサウサンプトンのイングランド代表FWダニー・イングスの獲得に関心を示しているという。英『スカイ・スポーツ』が23日付で伝えた。

 シティのエースストライカーとして過去10年間ゴールを量産してきたFWセルヒオ・アグエロは昨季から負傷に苦しんでおり、現在の契約が満了する今季限りでの退団が盛んに噂される状況。シティは新たなストライカーとして、ボルシア・ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドの獲得を狙うとも言われている。

 だがハーランドにはレアル・マドリードやマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーなど他にも関心を示すクラブが数多くあり、獲得のためには1億ポンド(約150億円)とも言われる巨額の移籍金も必要。そこでシティは、よりリーズナブルな選択肢としてイングスに目をつけているとみられている。

 リバプールでは両膝の重傷による長期離脱で非常に苦しい時期を過ごしたイングスだが、2018年にレンタルされてその後完全移籍したサウサンプトンで劇的に復活。昨季はプレミアリーグで得点ランキング2位タイの22得点を挙げ、イングランド代表にも約5年ぶりの復帰を果たした。

 今季はサウサンプトン自体の不振もあり昨季ほどの活躍はできていないが、それでもチーム最多の8得点を記録。今季が終われば契約が残り1年となることもあり、シティにとっては獲得しやすい選手だとみられている。