30位:インテルで爆発する怪物

 リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

——————————

FW:ロメル・ルカク(ベルギー代表/インテル)
生年月日:1993年5月13日(27歳)
市場価格:9000万ユーロ(約108億円)
19/20リーグ戦成績:36試合出場/23得点2アシスト

 2シーズン在籍したマンチェスター・ユナイテッドでは批判の的となったものの、一昨年加入したインテルでは絶対的エースの座に君臨と評価が再上昇。昨季はいきなりリーグ戦20得点超えを果たしており、今季もすでに20得点に到達している。自身キャリアハイ(2016/17シーズン、エバートンでリーグ戦25得点)を更新しそうな勢いである。

 身長190cm・体重94kgという体格を誇るロメル・ルカク最大の武器はやはり「フィジカル」だ。相手に身体を強くぶつけられてもまったく動じず、平然とボールを収めてはキープして味方を確実に使う。ストライカーとしてのパワーは間違いなく世界トップレベルにある。

 ルカクの恐ろしさは、その巨体からは想像できない「スピード」も持っていることだ。とくにカウンター時は脅威で、一人で大仕事をやってのけることを全く苦にしていない。ワールドクラスの「フィジカル」と非凡な「スピード」を融合させた同選手の縦突破を封じるのは、どんなに一流のDFであっても簡単なミッションではないのだ。

 以前まではビッグチャンスを逃す回数がやや多かった印象を受けたが、現在は決定力が着実に向上してきている。そしてもちろん「空中戦」にも強い。これほどの「攻撃力」を持つルカクは、やはり怪物ストライカーと言えるだろう。