レアル・マドリードは、非常に重要な試合が相次ぐ時期に主力センターバック2人を欠いて戦わなければならない状況となった。

 今月1日には、マドリーはDFセルヒオ・ラモスが左足の筋肉損傷と診断されたことを発表していた。スペイン代表に招集されていたラモスは、前日3月31日に行われたカタールワールドカップ欧州予選のコソボ代表戦に86分から交代出場したが、この試合で負傷したとみられる。

 さらに6日には、フランス代表DFラファエル・ヴァランが新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことがクラブから発表された。今後一定期間の隔離措置が取られることが見込まれる。

 マドリーにとっては、非常に痛いタイミングでレギュラーCBの2人を欠くことになった。現地時間6日にはチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのリバプール戦が行われ、週末にはリーガで宿敵バルセロナとの“エル・クラシコ”。さらに来週にはリバプールとの2ndレグが予定されるが、ラモスとヴァランはこれらの試合を欠場することが見込まれる。

 他にはDFダニエル・カルバハルも負傷で離脱中。6日のリバプール戦で復帰する可能性もあるとみられていたMFエデン・アザールも結局間に合わなかった。公式戦4連勝中と好調だったマドリーだが、この苦境を乗り越えられるだろうか。