19歳でアヤックスの主将!ユベントスの超逸材CB

 リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

——————————

DF:マタイス・デリフト
生年月日:1999年8月12日(21歳)
19/20リーグ戦成績:29試合4得点1アシスト
市場価値:7500万ユーロ(約90億円)

 母国オランダのアヤックスでは19歳という若さでクラブ史上最年少で主将に就任したマタイス・デリフト。2018/19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でアヤックスの準決勝進出に貢献し、19歳でユベントスに加入となった。

 デリフトは7500万ユーロ(約90億円)という移籍金でユベントスに加入。将来のユベントス、オランダ代表を背負うCBだ。その特徴は189cm、89kgという体格を活かした守備だろう。1対1の強さに定評がある。

 ユベントスではジョルジョ・キエッリーニ、オランダ代表ではフィルジル・ファン・ダイクと世界最高峰のCBとともにプレー。偉大な先輩たちから多くのことを学びながら成長している。

 CBながら攻撃力64は高い数値だ。セットプレーでの強さは相手にとっても脅威。スピード72もCBでは申し分ない。まだ21歳と若く、これからの伸びしろは未知数。今後のランクアップも期待できるだろう。