スペイン『マルカ』は22日、同日開催されるラ・リーガ第31節のバルセロナ対ヘタフェのプレビューを掲載した。ヘタフェのMF久保建英は、先発メンバーを外れると予想されている。

 レアル・マドリードからのレンタルでヘタフェに加わっている久保は、バルセロナの下部組織だ。そのほか、ヘタフェのMFカルレス・アレニャとMFマルク・ククレジャもバルセロナで育った選手である。

 『マルカ』はこの点に触れ、「(ヘタフェ監督の)ボルダラスは、バルサで育った3人を連れていく。大きな脅威となる3人だ」と指摘。「特にカルレスとマルクは最近の試合で監督のプランの一部以上に重要な存在になっている」と記した。

 久保は前節レアル・マドリード戦で出場機会がなかった。しかし、2試合続けて出番がなかったことはヘタフェ加入後ゼロ。強敵との対戦で試合展開にも影響されそうだが、久保の出番はあるだろうか。