SBだけど憧れはイニエスタ。キャプテンを務める本田圭佑の元同僚

東京五輪サッカー競技の組合せが21日に決定し、U-24日本代表はグループAでフランス、メキシコ、南アフリカと対戦することとなった。中でもメキシコは2012年のロンドン五輪では準決勝で日本を破り、優勝を果たした実力国。そこで、今回は東京五輪への出場資格を持つU-24世代の5人を紹介する。
————————————————-

DF:エリック・アギーレ(パチューカ)
生年月日:1997年2月23日(24歳)
20/21リーグ戦成績:26試合2得点4アシスト
A代表成績:8試合0得点0アシスト

 U-24メキシコ代表のキャプテンマークを巻くのがエリック・アギーレだ。2016年夏からメキシコの名門パチューカでプレーし、本田圭佑とも同僚だった。18年にはA代表でもデビューし、3月に行われた東京五輪北中米カリブ海予選ではU-24メキシコ代表の主将を務め、本大会出場権獲得に貢献している。

 171cmと小柄だが、10代の頃から将来を嘱望される存在だった。17歳でモレリアのトップチームデビューを果たし、主力として活躍。世代別のメキシコ代表には飛び級で選出され、前回のリオデジャネイロ五輪の予選にも出場。本大会のメンバー入りとはならなかったが、16年3月に行われたU-23日本代表との試合にも出場している。

 パチューカや代表では左サイドバックで起用されることが多いが、右サイドやMFでもプレーできる。尊敬する選手としてアンドレス・イニエスタを挙げるように、プレービジョンに優れ、ボールを持ったときに的確な判断が下せる選手だ。国際大会での経験もある選手なだけに、U-24日本代表も警戒する選手の1人となるだろう。

<h2>元バルセロナDFを彷彿とさせる守備的MF

MF:エドソン・アルバレス(アヤックス)
生年月日:1997年10月24日(23歳)
20/21リーグ戦成績:20試合1得点2アシスト
A代表成績:35試合2得点0アシスト

 エドソン・アルバレスは23歳だが、既にA代表での経験も豊富なプレイヤーだ。19歳で代表デビューして主力に定着し、センターバック以外のポジションにも適応できるのは、日本代表の冨安健洋と重なる。メキシコの名門クラブ・アメリカの下部組織出身で19年夏にアヤックスへ移籍し、UEFAチャンピオンズリーグでもプレーしている。

 アヤックスではマタイス・デ・リフトの後釜と目されていたが、アンカーでプレーすることが多い。メキシコ代表では右サイドバックやセンターバックもこなしており、そのユーティリティー性は東京五輪で武器となるだろう。187cmの長身で空中戦に強く、足元の技術に優れている。

 メキシコ代表として5大会連続でワールドカップに出場したラファエル・マルケスを尊敬しているアルバレス。守備的なポジションを複数こなせる点は、バルセロナでも活躍したマルケスを彷彿とさせる。アルバレスはA代表の常連だが、が、マルケスのように緑のユニフォームを着て活躍する姿が見ることができるかもしれない。

<h2>当たりだすと止まらない! ドルトムントも興味を示したFW

FW:ホセ・マシアス(チーバス)
生年月日:1999年9月22日(21歳)
20/21リーグ戦成績:28試合11得点1アシスト
A代表成績:5試合4得点0アシスト

 ホセ・マシアスはメキシコリーグで最も活躍するアタッカーの1人に挙げられる。グアダラハラから期限付き移籍したクラブ・レオンでブレイクし、20歳でA代表デビュー。2020年1月にチーバスに加入すると、今季は前期と後期で合わせて11得点という数字を残している。

 プレーエリアが広く、ゴール前以外でも仕事ができるセンターフォワードだ。ミドルレンジからの強烈なシュートを持っており、相手を惑わすドリブルも脅威となるだろう。データサイト『transfermarkt』による市場価値は1000万ユーロ(約12億円)とされており、過去にはボルシア・ドルトムントも興味を示した逸材だ。

 当たりだすと止まらなくなるタイプのストライカーで、18年のCONCACAF(北中米カリブ海)U-20選手権では10得点を挙げて得点王に輝いた。メキシコ代表では初出場となったトリニダード・トバゴ戦から3試合で4得点をマーク。U-24日本代表もマシアスの一発には警戒しなければいけない。

<h2>ネイマールのようなドリブルを見せる元マンC所属WG

FW:ウリエル・アントゥナ(チーバス)
生年月日:1997年8月21日(23歳)
20/21リーグ戦成績:14試合0得点2アシスト
A代表成績:16試合8得点7アシスト

 本大会出場権を獲得した3月の北中米カリブ海予選で、ウリエル・アントゥナはチーム2位となる3得点を挙げた。チーバスに所属するアントゥナはA代表でも既に16試合に出場しており、8得点7アシストという結果を残している。

 メキシコのサントス・ラグナの下部組織でプレーしていたアントゥナは、トップチームで公式戦2試合に出場しただけで、欧州行きを決める。2017年夏にマンチェスター・シティが獲得し、そのままオランダのフローニンゲンに貸し出された。19年1月にはMLSのロサンゼルス・ギャラクシーに期限付き移籍してレギュラーとして活躍。1年後にはチーバスに完全移籍している。

 右サイドでのプレーを得意とするウインガーで、ネイマールのように巧みなボールテクニックを見せる。切れ味鋭いドリブルで抜き去ることを得意としており、ファウルをもらう機会も多い。ゴール前でボールを持たせると、厄介な存在になるだろう。

<h2>18歳から名門モンテレイでレギュラーを張る長身CB

DF:セサル・モンテス(モンテレイ)
生年月日:1997年2月24日(24歳)
20/21リーグ戦成績:25試合0得点3アシスト
A代表成績:13試合0得点0アシスト

 セサル・モンテスはメキシコ代表の今後を背負うと期待される長身センターバックだ。モンテレイの下部組織出身で、18歳のときにリーグ戦デビュー。以降はレギュラーに定着し、24歳ながらリーグ戦通算168試合に出場している。20歳のときにメキシコ代表でも初出場を飾り、最近はコンスタントに出場機会を与えられている。

 最大の武器は195cmの長身を活かしたディフェンスだ。ボール奪取能力が高く、長い足を駆使したスライディングタックルは迫力がある。ボール保持の局面でも落ち着きがあり、精度の高いフィードを蹴ることができる。

 悔しい思いをしたのは2019年のFIFAワールドカップだろう。北中米カリブ海代表として出場したこの大会で、モンテレイは準決勝でリバプールと対戦。5バックの右センターバックとして先発したモンテスは、裏を取られて失点に絡んでしまった。さらに、自身が負傷交代した後に決勝点を決められ、チームは敗れている。

 ここ数シーズンは怪我に悩まされることも多かったが、今季はここまで大きな怪我もなくプレーしている。A代表やモンテレイでの経験値は十分で、U-24日本代表の前に立ちはだかることになるかもしれない。

【了】