インテルのFWロメル・ルカクに対して、チェルシーが関心を示しているという。英『ザ・サン』が29日に伝えた。

 今季途中からチェルシーを指揮するトーマス・トゥヘル監督は、来季に向けて前線を強化するつもりだと言われる。ボルシア・ドルトムントのFWアーリング・ハーランドは候補に挙がっているものの、マンチェスター・シティなども獲得に動いており、実現の可能性は低い。そこで、ルカクの名前が出ているようだ。

 ルカクは現在、インテルのエースとしてイタリアで大活躍中だ。もちろんインテルにとっては手放せない大黒柱だが、クラブは財政難で主力放出の必要があるとも言われている。そこでチェルシーは、9000万ポンド(約135億円)を超えるオファーを用意。新エースを連れてきたい考えだという。

 ルカクは2011年にチェルシーに加入したが、当時は出場機会が十分に得られなかった。チェルシー復帰の可能性はあるのだろうか。