【マンチェスター・シティ 2-0(2戦合計4-1)パリ・サンジェルマン チャンピオンズリーグ準決勝2ndレグ】

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、マンチェスター・シティ対パリ・サンジェルマン(PSG)が現地時間4日にシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムで行われた。

 アウェイでの1stレグを2-1で制したシティはケビン・デ・ブルイネやフィル・フォーデンらを順当に起用。中盤にはロドリではなくフェルナンジーニョが入り、左サイドバックにはオレクサンドル・ジンチェンコが置かれた。

 一方のPSGはふくらはぎを痛めたキリアン・ムバッペがベンチスタート。最前線にはマウロ・イカルディが入り、左ウイングにネイマール、右ウイングにアンヘル・ディ・マリア、中盤にはアンデル・エレーラ、マルコ・ヴェラッティ、レアンドロ・パレデスの3枚が並んだ。

 立ち上がりはPSGペースだったが、試合を動かしたのはシティだった。11分、GKエデルソンのロングフィードにジンチェンコが抜け出すと、中央へグラウンダーのクロス。これを受けたデ・ブルイネのシュートは相手に当たったが、こぼれ球をリヤド・マフレズが押し込んだ。

 敗退を避けるためにも最低2点が必要だったPSGはネイマール、ディ・マリアを中心に攻めるが、仕上げのクオリティーを欠く。最前線イカルディはなかなかボールに絡めなかった。

 1-0のまま迎えた後半はしばらく膠着状態が続いていたが、63分にシティがPSGを突き放す。フォーデンが左サイドを破りグラウンダーのクロスを送ると、これをファーサイドでマフレズが冷静に押し込んだ。

 逆転突破が難しくなったPSGは選手個々のフラストレーションが溜まり、それがプレーに表れるように。69分にはフェルナンジーニョの足を不用意に踏みつけたディ・マリアが一発退場を命じられるなど、コントロールを失っていた。

 試合はこのまま2-0で終了。2戦合計4-1としたシティがクラブ史上初の決勝進出を果たした。ファイナルではチェルシー対レアル・マドリードの勝者と激突する。

【得点者】
11分 1-0 リヤド・マフレズ(マンチェスター・シティ)
63分 2-0 リヤド・マフレズ(マンチェスター・シティ)