移籍後すぐに主力定着!EL得点王も獲得したポルトガル代表MF

 マンチェスター・ユナイテッドはイングランドを代表する強豪クラブで、これまで数々の著名な選手を獲得してきた。これまで数々の著名な選手を獲得してきた。額面通りの活躍を見せた選手もいれば、期待を裏切った選手もいる。ここでは、2000年以降に加入した選手の中から、チームを大きく変えた選手を紹介する。※移籍金などのデータは『transfermarkt』を参照

——————————

MF:ブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル代表)
移籍金:6000万ユーロ(約80億円)
在籍期間:20年冬~
リーグ戦成績:47試合24得点
代表通算成績:27試合2得点

 昨年1月に母国ポルトガルのスポルティングからマンチェスター・ユナイテッドに加入となったブルーノ・フェルナンデスは、現在のクラブで最も結果を残していると言っていいだろう。昨年1月の加入だが、すでに主力として活躍。加入後すぐにサポーターの心を掴んだ。

 フェルナンデスは昨季のUEFAヨーロッパリーグ(EL)において、スポルティングとユナイテッドで8ゴールを記録。ユナイテッドは惜しくも準決勝で敗退となったものの、同選手はEL得点王に輝いた。

 フェルナンデスは昨季リーグ戦で14試合の出場ながら、8ゴールを記録。アタッキングMFとして、その実力を遺憾なく発揮している。今季はここまで全試合に出場。オレ・グンナー・スールシャール監督の信頼を掴んでいる。

 ゴールだけでなく、味方も活かすことができるフェルナンデスはFKのキッカーも任される。正確無比のキックで流れの中からでも、チャンスを演出する。さらにドリブルも魅力的で攻撃面において多様性のある選手だ。今後の活躍に目が離せない。

CL得点王3回獲得!オランダの点取り屋

FW:ルート・ファン・ニステルローイ(元オランダ代表)
移籍金:2850万ユーロ(約38億円)
在籍期間:01年夏~06年夏
リーグ戦成績:150試合95得点
代表通算成績:70試合35得点

 オランダ、イングランド、スペインと3つのリーグで得点王を獲得したオランダの点取り屋・ルート・ファン・ニステルローイも最高の補強に入るだろう。マンチェスター・ユナイテッドのプレミアリーグ優勝に貢献した。

 ファン・ニステルローイはエールディビジで2年連続の得点王に輝き、2001年に母国オランダのPSVからユナイテッドに加入。移籍1年目にいきなり、当時のリーグ記録となる8試合連続のゴールを決めるなど得点ランキング2位タイの23ゴールを挙げた。なお、シーズンを跨ぎ10試合連続ゴールを決め、ジェイミー・ヴァーディに破られるまで最長記録だった。

 その後も得点を量産したファン・ニステルローイはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)とプレミアリーグで得点王を獲得し、ユナイテッド在籍中に4度も得点王を獲得した。得点王に輝いた02/03シーズンは、ユナイテッドがリーグ制覇を果たしている。

 リーグ戦150試合の出場で95得点を記録し、ユナイテッドのタイトル獲得に貢献したファン・ニステルローイはユナイテッド最高の補強の一人だ。

実は”アンチ”マンUだった?複数のタイトル獲得に貢献したCB

DF:リオ・ファーディナンド(元イングランド代表)
移籍金:4600万ユーロ(約61億円)
在籍期間:02年夏~14年夏
リーグ戦成績:312試合7得点
代表通算成績:81試合3得点

 マンチェスター・ユナイテッドで公式戦通算455試合を誇るのがリオ・ファーディナンドだ。リーズ・ユナイテッドで主力として活躍していたが、リーズが負債を抱えていたこともありファーディナンドは2002年にユナイテッドへ移籍となった。

 ファーディナンドは2004年にドーピング検査を受けなかったとして、8ヶ月の出場停止処分を受けるも、出場停止明けも主力として活躍。06/07シーズンからのプレミアリーグ3連覇に貢献した。

 ユナイテッドではプレミアリーグ制覇6回、1回のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝に貢献。ユナイテッドが誇るCBとして、数々のタイトル獲得に貢献した。同クラブではキャプテンマークを巻いたこともある。

 そんなファーディナンドは少年時代、ユナイテッドが大嫌いだとコメントしていた。”アンチ”ユナイテッドだったが、その理由を強すぎたからとしていた。同クラブに移籍以降、この発言は間違いだったと改めたファーディナンドは主力に定着し主将も務めた。イングランド代表、ユナイテッドを象徴するCBにまで上り詰めた。

クラブ歴代最多得点を誇るマンUの象徴

FW:ウェイン・ルーニー(元イングランド代表)
移籍金:3700万ユーロ(約49億円)
在籍期間:04年夏~17年夏
リーグ戦成績:393試合183得点
代表通算成績:120試合53得点

 ウェイン・ルーニーはクリスティアーノ・ロナウドが加入した翌年の2004年にエバートンからマンチェスター・ユナイテッドにやってきた。10代でイングランドの名門に加入も、すぐに主力に定着。06/07シーズンでは、4年ぶりとなるプレミアリーグ優勝に貢献した。

 言わずと知れた決定力は抜群でゴール前では脅威となる。抜群の瞬発力でディフェンスラインの裏へ抜け出し、いとも簡単にゴールを奪う。それだけでなく、パスでもゴールを演出。パス、ドリブル、シュートと攻撃面では非の付け所がない。

 ルーニーはその決定力を武器にチームに貢献してきた。ユナイテッドでプレミアリーグ5回、リーグカップ3回、FAカップ1回、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)1回の優勝を誇る。これまで数々のタイトル獲得に貢献し、ユナイテッドを変えたといっても過言ではないだろう。

 ルーニーはユナイテッドで通算559試合出場253得点を記録。これは現在のクラブ歴代通算最多得点記録である。さらに、イングランド代表では歴代2位となる120キャップを記録。得点は53でこれも同国代表歴代最多得点記録となっている。ユナイテッドのみならず、イングランドの象徴的な存在だ。

この男は欠かせない!世界が認めるスーパースター

FW:クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)
移籍金:1900万ユーロ(約25億円)
在籍期間:03年夏~09年夏
リーグ戦成績:196試合84得点
代表通算成績:173試合103得点

 やはりこの男はマンチェスター・ユナイテッド最高の補強でも欠かせない。クリスティアーノ・ロナウドは当時、10代の選手としてはイングランド史上最高額でスポルティングからユナイテッドに加入となった。そして、世界最高の選手にまで上り詰めた。

 ユナイテッドではプレミアリーグ3度の優勝に貢献。07/08シーズンのC・ロナウドは圧巻だった。リーグ戦では31得点を記録し得点王を獲得。チームの2連覇に大きく貢献した。さらに、その年のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)では8得点を挙げ、得点王を獲得。CL優勝に貢献し、バロンドールやFIFA最優秀選手など個人タイトルを総ナメにした。

 ユナイテッドで輝かしい活躍を残したC・ロナウドは2009年に当時のサッカー史上最高額となる9400万ユーロ(約124億円)でレアル・マドリードに移籍した。クラブに数々のタイトルをもたらしながら、史上最高額で移籍するという多額の利益をもたらしたという意味でも最高の補強だった。

 現在はユベントスでプレーするC・ロナウドはもう36歳。それでもトップレベルで一定のパフォーマンスを見せることができる同選手は超人といっても過言ではないだろう。今後、どんな道を辿るのかも楽しみなスーパースターだ。