【川崎フロンターレ 3-1 横浜FC J1第15節】

 明治安田生命J1リーグ第15節の川崎フロンターレ対横浜FC戦が22日に行われ、ホームの川崎Fが3-1で勝利を収めた。

 開幕から17戦連続無敗で首位を快走する川崎Fに対し、最下位に沈んではいるが前節待望の今季初勝利を挙げた横浜FCが挑む。だが前半から試合を優位に進めたのはやはり川崎Fだった。

 17分には左サイドでの展開から家長昭博が落としたボールを三笘薫が受け、エリア内へ侵入を試みたところで手塚康平に倒されてPKを獲得。これを家長が冷静に決めて川崎Fが先制点を奪った。

 さらに28分には横浜FCのGK市川暉記がレアンドロ・ダミアンのプレスを受けてボールを失ってしまう。三笘と守備陣が交錯してこぼれたボールを田中碧がペナルティーアーク内で拾い、反転からゴール左隅へのシュートを突き刺してリードを広げた。

 2点リードで前半を折り返した川崎Fは後半開始直後にも3点目を追加。田中とのワンツーでエリア右に抜け出した山根視来がクロスを入れ、中央で合わせた三笘が右足で蹴り込んだ。三笘は4試合連続ゴールで今季8点目。

 横浜FCも63分にはクレーベのヘディング弾でようやく1点を返したが、それ以上の反撃はならず。川崎Fが開幕からの連続無敗を18試合に伸ばす白星を手にする結果となった。

【得点者】
19分 1-0 家長昭博(川崎F)
28分 2-0 田中碧(川崎F)
47分 3-0 三笘薫(川崎F)
63分 3-1 クレーベ(横浜FC)