20/21シーズンのイングランド・プレミアリーグは全日程を終了した。最終節を前に、マンチェスター・シティは優勝を決めており、2位マンチェスター・ユナイテッドも4位以内を確定させていた。

 トップ4争いは最終節までもつれたが、リバプールがリーグ戦5連勝フィニッシュで3位に滑り込んだ。レスターがラスト4試合で1勝3敗と失速し、5位に転落。チェルシーは最終節で敗れたものの、4位に留まった。

 FAカップ王者のレスターは既にUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権を手にしていたため、6位に入ったウェストハムもEL出場権を獲得。7位のトッテナムには、来季から新設されるヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)への出場権が与えられた。アーセナルは5連勝で今季を終えたものの、8位で欧州行きの切符を逃している。

 今季のプレミアリーグの順位は以下の通り。フラム、ウェストブロム、シェフィールド・ユナイテッドの3チームがチャンピオンシップ(2部)へと降格する。

1位:マンチェスター・シティ(CL出場権獲得)
2位:マンチェスター・ユナイテッド(CL出場権獲得)
3位:リバプール(CL出場権獲得)
4位:チェルシー(CL出場権獲得)
5位:レスター(EL出場権獲得)
6位:ウェストハム(EL出場権獲得)
7位:トッテナム(ECL出場権獲得)
8位:アーセナル
9位:リーズ
10位:エバートン
11位:アストン・ヴィラ
12位:ニューカッスル
13位:ウォルバーハンプトン
14位:クリスタル・パレス
15位:サウサンプトン
16位:ブライトン
17位:バーンリー
18位:フラム(降格)
19位:ウェストブロム(降格)
20位:シェフィールド・ユナイテッド(降格)