20/21シーズンのリーグアンの全日程が終了した。リールがパリ・サンジェルマン(PSG)の4連覇を阻止し、10年ぶりのリーグ優勝を果たした。

 最終節までもつれ込んだ優勝争いはリールが逃げ切りに成功。最終的に勝ち点1差でリーリが競り勝った。2位のPSGは来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)本戦出場が決定。3位のモナコは予選からCLに参戦する。

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得したのはリヨン、酒井宏樹と長友佑都のマルセイユの2チーム。レンヌが来季から新設されるUEFAヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)への出場権を獲得した。

 最下位ディジョンと19位ニームの降格が決定。18位ナントはトゥールーズとの昇格プレーオフ決勝に回ることになった。今季リーグアンの最終順位は以下の通り。

1位:リール(CL出場権獲得)
2位:PSG(CL出場権獲得)
3位:モナコ(CL出場権獲得)
4位:リヨン(EL出場権獲得)
5位:マルセイユ(EL出場権獲得)
6位:レンヌ(ECL出場権獲得)
7位:ランス
8位:モンペリエ
9位:ニース
10位:メス
11位:サンテティエンヌ
12位:ボルドー
13位:アンジェ
14位:ランス
15位:ストラスブール
16位:ロリアン
17位:ブレスト
18位:ナント(昇格プレーオフ)
19位:ニーム(降格)
20位:ディジョン(降格)