10位:インテルの心臓

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。
——————————

MF:マルセロ・ブロゾビッチ(インテル / クロアチア代表)
生年月日:1992年11月16日
市場価格:4000万ユーロ(約48億円)
19/20リーグ戦成績:32試合3得点5アシスト

 不動のボランチとしてインテルを牽引するクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチが10位にランクイン。昨季はリーグ戦32試合に出場し、3得点を記録する活躍。そして今季も主力としてプレーし、インテルのスクデット獲得に貢献した。

 ブロゾビッチはクロアチアでの活躍が認められると、2015年に1月にインテルへ買い取り義務付きのレンタル移籍となった2011年~2018年までインテルに在籍した長友佑都ともプレーした。

 ブロゾビッチの特徴は抜群のパスセンス。長短のパスを使い分け、インテルの攻撃を牽引。ビルドアップ時には中心として、パスを供給する。ボールコントロールに非常に定評のあるインテルの心臓だ。

 能力値を見ると、やはりテクニックの値が高い。また、パスは82でこれも高い数値を示している。それだけではなく、ドリブルが80となっており推進力のあるボランチであることも分かる。守備力の値も低くなく、攻守両面に貢献できる存在だ。

9位:抜群のボールキープ力を誇るスイス代表MF

MF:デニス・ザカリア(ボルシアMG / スイス代表)
生年月日:1996年11月20日
市場価格:3200万ユーロ(約38.4億円)
19/20リーグ戦成績:23試合2得点2アシスト

 地元クラブであるスイスのセルヴェットFC下部組織出身のスイス代表MFデニス・ザカリアが9位に入った。2015年6月にスイスの名門ヤング・ボーイズへ移籍。その後、2017年6月にボルシア・メンヒェングラートバッハ(MG)に加入となった。

 ザカリアはドイツ1年目でいきなり活躍。2017/18シーズンの開幕戦ケルン戦にいきなり先発。ブンデスリーガデビューを果たすと、第2節のアウクスブルク戦でドイツ初ゴールを決めた。翌シーズンも主力として活躍するが、昨季の後半戦は膝の怪我で離脱し、リーグ戦第21節から出場はなかった。

 191cm81kgという恵まれた体格を活かしたボールキープ力はザカリアの武器だ。長い手足で相手を寄せつけず、ボールを奪われることなく前へ運ぶことができる。また長い手足を活かした守備にも定評があり、ピンチを防ぐことができる。プレースタイルなどからは、スイスの”ヴィエラ”とも称されている。

 能力値を見ると、スピード、フィジカル、守備力の値が非常に高い。191cmという長身ながら、意外にも空中戦の値が低い。空中戦と攻撃力が上がれば、最高のボランチに近づけるはずだ。

8位:マンU下部組織出身の大型MF

MF:スコット・マクトミネイ(マンチェスター・ユナイテッド / スコットランド代表)
生年月日:1996年12月8日
市場価格:2500万ユーロ(約30億円)
19/20リーグ戦成績:27試合4得点1アシスト

 スコット・マクトミネイは5歳からマンチェスター・ユナイテッドに在籍し、17歳の時に同クラブとプロ契約を締結した。2017年5月、ジョゼ・モウリーニョ監督のもとトップチームデビューを果たした。

 2019/20シーズンはネマニャ・マティッチからポジションを奪い、ボランチで主力に定着。しかし、2019年12月に靭帯を損傷し、翌年の2月までプレーできなかった。その後復帰を果たし、20/21シーズンは公式戦48試合に出場した。

 クラブの生え抜き選手で将来ユナイテッドを引っ張るリーダーの役割も期待されるマクトミネイは身長193cm、体重88kgという恵まれた体格を持つ。フィジカルの強さは武器で、さらには運動量も豊富。闘争心むき出しにプレスをかけ、ボールを奪いに行く。相手にとっては非常に驚異的だ。

 やはり武器となるフィジカルは非常に高い数値を示している。フィジカルを武器とした守備力も高い。全体的に見ても低すぎる値はないが、スピードが他と劣る。このスピードを改善できれば、ポール・ポグバ以上の選手になれるかもしれない。

7位:心優しきボールハンター

MF:エンゴロ・カンテ(チェルシー フランス代表)
生年月日:1991年3月29日
市場価格:6000万ユーロ(約72億円)
19/20リーグ戦成績:22試合3得点0アシスト

 チェルシーが誇るボールハンターであるフランス代表MFエンゴロ・カンテが7位にランクインとなった。19/20シーズンは怪我が多く思ったようなプレーができておらず、本来の力を発揮したとは言い難い。20/21シーズンの前半戦はコンスタントに出場していた。

 カンテは母国フランスのカーンでリーグアン昇格に貢献。2015年8月にはレスター・シティへ移籍となった。2015/16シーズンのプレミアリーグでレスターの優勝に貢献。カンテはレスターが奇跡を起こせた理由の一つと言われた。

 そんなカンテはボランチ、アンカーのポジションで相手の攻撃の芽を摘み取るボールハンターの要素を持つ。抜群の守備力を武器に相手の攻撃をことごとく潰す。また、サッカーIQも高く戦術理解度も高い。攻撃力は68となっているが、ドリブルは81で推進力もある。

 強靭なフィジカルと抜群の守備力で相手からボールを刈り取るカンテだが、非常にシャイな性格でフランスが優勝した2018年のロシアワールドカップでは、セレモニーの時に自らトロフィーのもとに行くことはなかったという。また、2018年9月に終電を逃したカンテを同じロンドンのライバルであるアーセナルのファンが家に招待したこともあった。ライバルファンからも愛される心優しいボールハンターである。

6位:フィジカルで相手を圧倒するアーセナルMF

MF:トーマス・パーテイ(アーセナル / ガーナ代表)
生年月日:1993年6月13日
市場価格:5000万ユーロ(約60億円)
19/20リーグ戦成績:35試合3得点0アシスト(アトレティコ)

 トーマス・パーテイは昨年10月にアトレティコ・マドリードからアーセナルに移籍。本人も希望していた移籍だったが、プレミアリーグでの1年目は怪我の影響もあり納得のいくシーズンではなかっただろう。

 トーマスはアーセナルに移籍する際、同クラブが契約解除金をスペインプロリーグ機構へ預託する形でアトレティコとの契約を解除。残留の噂もあったが、最終的には不意打ちのような形で契約を解除することになったこともあり、アトレティコファンからの批判も受けた。

 このガーナ代表の特徴は圧倒的なフィジカルとスピードを活かした守備だ。対人ではフィジカルを活かしてボールを奪い、奪った後はパスですぐさま攻撃に繋げることができる。テクニックやパスセンスもあり、攻撃の起点にもなれる存在だ。

 フィジカルが84で守備力が78とボランチとして非常に高い数値を示している。また、攻撃面においても、パス、ドリブル、テクニックの値が全て80以上と非常に高い。空中戦の強さが上がれば、さらに上の順位を狙えそうだ。