リバプールがライプツィヒのDFイブラヒマ・コナテの獲得を間近としているようだ。英『スカイ・スポーツ』が28日に伝えている。

 以前から22歳のコナテに強い関心を示していたリバプールは、すでに選手と2026年までの契約を交わすことで合意済みと言われている。

 そして、今回の報道によると、リバプールはライプツィヒに契約解除金の3600万ポンド(約56億円)を支払う準備を整えた。これからの数日でクラブ間の交渉をまとめ、コナテ獲得を決める見通しとなっている。

 フィルジル・ファン・ダイクら主力DFの長期離脱でタフなシーズンを過ごすことになったリバプール。フランス期待の若手CBの加入はまもなく決まりそうだ。