20位:約79億円でマンUに加入したレフティー

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。
——————————

MF:フレッジ(マンチェスター・ユナイテッド / ブラジル代表)
生年月日:1993年3月5日
市場価格:2200万ユーロ(約26.4億円)
19/20リーグ戦成績:29試合0得点0アシスト

 母国ブラジルのインテルナシオナル下部組織出身のフレッジは2012年にトップチーム昇格。2013年にはウクライナのシャフタールへ移籍を果たす。加入初年度から出場機会を順調に積み重ね、シャフタールに欠かせない存在となる。

 そしてシャフタールでの活躍が認められたフレッジは2018年6月にマンチェスター・ユナイテッドへステップアップとなった。5900万ユーロ(約79億円)という大金でユナイテッドに加入したフレッジだったが、1年目はリーグ戦17試合1得点を記録。大金に見合った活躍ができていないと批判も集めた。

 2019/20シーズンのフレッジはポール・ポグバの負傷で徐々に出場機会を与えられると、オレ・グンナー・スールシャール監督の信頼も掴んだ。今季も主力として活躍し、UEFAヨーロッパリーグ(EL)準優勝、来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献した。

 169cmと小柄ではあるが、豊富な運動量と危険察知能力を持ち合わせる。守備に定評のあるフレッジだが、スピード、テクニック、パスの値が高い。狭いスペースでも卓越されたテクニックで打開することができる。また、パスでビルドアップにも貢献できる万能なボランチである。

19位:豊富な運動量が武器のオランダ代表MF

MF:マルテン・デ・ローン(アタランタ / オランダ代表)
生年月日:1991年3月29日
市場価格:2300万ユーロ(約27.6億円)
19/20リーグ戦成績:35試合2得点5アシスト

 母国オランダの名門フェイエノールトの下部組織にも所属していたマルテン・デ・ローンは、2010年にスパルタ・ロッテルダムのトップチーム昇格。序盤は出番がない日が続いていたものの、徐々に出場機会を増やしていった。2012年にはヘーレンフェーンに加入となった。

 ヘーレンフェーン在籍2年目でキャプテンに就任したデ・ローンは中心選手としてプレーしていたものの、高い評価を与えられていなかった。そして、2015年7月にアタランタへ加入し、初めてオランダ国外でプレーすることになった。

 初のイタリア挑戦となったデ・ローンだったが、守備力が評価され主力に定着。翌シーズンはミドルスブラへレンタル移籍となると、2016年11月にオランダA代表初選出を果たした。U-19オランダ代表には選出されていたが、A代表は25歳で初選出。若い頃から期待されていたもののオランダでは過小評価されていたため、遅めのA代表選出となった。

 デ・ローンの能力値を見ると、スピードと攻撃力はやや劣るが、やはり守備力は抜群。豊富な運動量を武器にとにかく走り相手へ食らいついてく。そして、そのフィジカルを武器に相手からボールを刈り取る。ボールハンタータイプのボランチと言えるだろう。

18位:チェルシーが誇る最高のパサー

MF:ジョルジーニョ(チェルシー / イタリア代表)
生年月日:1991年12月20日
市場価格:4500万ユーロ(約54億円)
19/20リーグ戦成績:31試合4得点2アシスト

 ブラジルで生まれたジョルジーニョは15歳の時の2007年に祖父母の出身地であるイタリアに移住。エラス・ヴェローナ下部組織で育ち、2010年にトップチームに昇格となった。2010/11シーズンはACサンボニファチェーゼへレンタル移籍、翌年にヴェローナへ復帰となった。

 その後、ヴェローナの主力として活躍したジョルジーニョは2013/14シーズン序盤での活躍が認められると、マウリツィオ・サッリ監督が率いていたナポリへ完全移籍となった。徐々に出場機会を与えられると、コッパ・イタリア優勝に貢献する。

 2018年7月にサッリ監督がチェルシーの監督に就任すると、ジョルジーニョは引き抜かれるような形でチェルシーへ加入となった。2018/19シーズンは公式戦54試合出場2得点を記録し、UEFAヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献した。2019年にサッリ監督がユベントスの監督に就任し、ユベントス移籍の噂もあったが、ジョルジーニョは結局チェルシー残留となった。

 ジョルジーニョの特徴は何と言っても、その高いパス能力だろう。89と非常に高い値でも示している通り、パスセンスは抜群。ビルドアップ時に貢献できることはもちろん、決定的なパスでチャンスを演出することができる。一方で、スピード、空中戦がやや劣っていて、守備力にやや不安がある。

17位:圧倒的なフィジカルを持つ”ウルブス”の長身MF

MF:レアンデル・デンドンケル(ウォルバーハンプトン / ベルギー代表)
生年月日:1995年4月15日
市場価格:3200万ユーロ(約38.4億円)
19/20リーグ戦成績:38試合4得点0アシスト

 母国ベルギーの名門アンデルレヒトの下部組織で育ったレアンデル・デンドンケルは2013年にトップチームデビュー。2014/15シーズン中盤から徐々に出場機会を増やし、主力に定着した。

 翌シーズンの後半戦は怪我の影響で出場機会を失うも、2016/17シーズンのデンドンケルは圧巻の鉄人っぷりを発揮。プレーオフを含めリーグ戦の全試合にフル出場し、リーグ優勝に貢献。このシーズンは公式戦57試合に出場し、大車輪の活躍だった。

 アンデルレヒトでの活躍が認められたデンドンケルは2018年8月にウォルバーハンプトン(ウルブス)へレンタル移籍。翌年に完全移籍に移行。また、年代別のベルギー代表にも選ばれていて、2015年5月にA代表デビューを果たし、2018年のロシアワールドカップに出場。イングランド戦の1試合に出場した。

 デンドンケルの特徴は188cmという恵まれた体格を活かした守備。圧倒的なフィジカルを武器に相手からボールを奪う。スピードはやや劣るが、空中戦の強さも魅力。また、パス能力やテクニックもあるため、ボランチとしての能力は申し分ないと言えるだろう。

16位:アフリカのフィジカルモンスター

MF:フランク・ケシエ(ACミラン / コートジボワール)
生年月日:1996年12月19日
市場価格:5000万ユーロ(約60億円)
19/20リーグ戦成績:35試合4得点1アシスト

 フランク・ケシエは2014年に母国コートジボワールのステッラ・クラブ下部組織からイタリアのアタランタ下部組織へ加入。2015年にトップチーム昇格を果たすも、トップチームでは出場機会を与えられず。同年8月に当時セリエBのチェゼーナへレンタル移籍となった。

 チェゼーナでは公式戦37試合に出場し4得点を記録したケシエはシーズン終了後にアタランタ復帰。その後、主力として活躍していたが、2017年6月にACミランへ2年間のレンタル移籍となった。

 ケシエはミラン加入後、主力としてプレーし続け、中心選手として今では欠かせない存在となっている。今季はセリエAで37試合に出場し、13得点6アシストを記録。ミランの8シーズンぶりのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献した。

 ケシエの特徴と言えば、強靭な肉体を武器にした圧倒的なフィジカル。86という圧倒的な数値が物語っている。ボランチの位置で相手の攻撃の芽を摘み取り、そして攻撃に繋げることができる。守備に定評のあるケシエだが、最近では決定力が増してきた。PKキッカーも任されており、周りからの信頼も絶大なものがある。