ユベントス(2011/12シーズン)

 サッカーの長い歴史の中で、後世に語り継ぐべきチームがある。その後の戦術に大きな影響を与えたチームや、金字塔とも呼べる成績を収めたチーム…。今回は2000年代を彩ったイタリアの5チームを紹介する。

——————————

ユベントス
2011/12シーズン成績
・セリエA:1位(勝ち点84/23勝15分0敗)
・コッパ・イタリア:準優勝
監督:アントニオ・コンテ
スタイル:ポゼッション

2011/12セリエA第34節ローマ戦スターティングメンバー
GK:ジャンルイジ・ブッフォン
DF:アンドレア・バルザーリ、レオナルド・ボヌッチ、ジョルジョ・キエッリーニ
MF:ステファン・リヒトシュタイナー、アンドレア・ピルロ、パオロ・デ・チェリエ、アルトゥール・ビダル、クラウディオ・マルキージオ
FW:ミルコ・ヴチニッチ、ファビオ・クアリャレッラ

 2006年、ユベントスはカルチョ・スキャンダルにより、クラブ史上初のセリエB降格を喫した。その後1年でセリエAに復帰するも、2009/10シーズンと2010/11シーズンはともにリーグ7位フィニッシュと低迷。イタリアの名門としての輝きは、虚しくも失われていた。

 そんな暗いトンネルの中にいたユベントスに光を照らしたのは、クラブOBでもあるアントニオ・コンテだった。2011/12シーズンに古巣へ戻ってきた同監督は、これがいわゆるビッグクラブでの初指導となったのだが、ビアンコネロにかつての輝き…いや、それ以上のものをもたらすことになる。

 コンテは自身の代名詞でもある4-2-4をユベントスでも採用した。しかし、それに固執するわけではなく、うまくいっていないと見ると4-3-3や3-5-2に変更。柔軟にチームのレベルを上げていた。

 基本的にコンテはポゼッションを重視していた。その中でキーとなったのが、このシーズンにフリーでやって来たアンドレア・ピルロ。チームとして高い位置から相手にプレッシャーを与え、良い場所でボールを奪えばそのままショートカウンターを仕掛けることもあったが、そうでない場合はまず中盤底ピルロにボールを預ける。そこからパスを展開し、中盤を支配しながら相手を押し込んだ。ピルロは加入当初、「終わった選手」とも言われていたが、そんなことは一切なかった。

 運動量豊富で泥臭いプレーを厭わないアルトゥーロ・ビダルやクラウディオ・マルキージオ、ステファン・リヒトシュタイナーといった選手も、支配率アップのためのボール即時奪回を求めるコンテ監督の下で不可欠な存在に。そして後ろではレオナルド・ボヌッチ、アンドレア・バルザーリ、ジョルジョ・キエッリーニの3バックが強固な防波堤を築く。彼らのピカイチな守備力がなければ、コンテのサッカーは成り立たなかった。

 勝ち切れない試合が多かったのも事実だが、ピルロ中心に自分たちがボールポゼッションを意識したことで、相手に攻められる時間が必然的に減り、このシーズンのリーグ戦失点数はわずか「20」だった。当然、失点を抑えることができれば、負ける確率はグッと下がる。ユベントスはこのシーズン、無敗のままセリエAを制すことになった。

 この無敗優勝で完全に勢いに乗ったユベントスはその後、セリエA9連覇を果たすことに。2011/12シーズンはアレッサンドロ・デル・ピエロが退団したことで一つの伝説が終わりを迎えたが、同時に新たな伝説が幕を開けた瞬間でもあった。

ローマ(2006/07シーズン)

ローマ
2006/07シーズン成績
・セリエA:2位(勝ち点75/22勝9分7敗)
・コッパ・イタリア:優勝
・チャンピオンズリーグ:ベスト8
監督:ルチアーノ・スパレッティ
スタイル:ポゼッション

2006/07チャンピオンズリーグ・ベスト16、2ndレグ、リヨン戦スターティングメンバー
GK:ドニ
DF:マルコ・カッセッティ、フィリップ・メクセス、クリスティアン・キヴ、マックス・トネット
MF:ダニエレ・デ・ロッシ、ダビド・ピサーロ、ロドリゴ・タッデイ、シモーネ・ペッロッタ、アレッサンドロ・マンシーニ
FW:フランチェスコ・トッティ

 タイトルを総なめとしたわけではなかったが、ルチアーノ・スパレッティ監督に率いられたローマは間違いなく記憶に残るチームだった。

 スキンヘッドの指揮官は今でいう「ゼロトップシステム」をチームに植え込んだ。最前線に起用したのはフランチェスコ・トッティ。それまで攻撃的MFとしてサポーターに歓喜を届け続けた「王様」は、巧みな技術を駆使し中盤に下がって組み立てに関与しながら、最後の局面ではフィニッシャーに。9番と10番を同時にこなす驚異の仕事ぶりで、攻撃のグレードを大幅にアップさせていた。

 2列目のアレッサンドロ・マンシーニやロドリゴ・タッデイ、シモーネ・ペッロッタは機動力を活かしてスペースへのランニングを繰り返し、トッティからのパスを呼び込んだ。とくにトップ下のペッロッタは圧倒的なスキルを持っていたわけではなかったが、周囲とうまく絡みながらチャンスを演出。とにかく運動量が豊富で守備にも奔走するなど、トッティ同様見事な働きぶりをみせていた。

 中盤底のダニエレ・デ・ロッシとダビド・ピサーロは、中盤に下がるトッティをサポートしながら繊細なパスで確実に2列目の選手を活かし、隙を見た飛び出しでも存在感を誇示。最終ラインではクリスティアン・キヴとフィリップ・メクセスが高連係を披露し守備を引き締め、両サイドバックも着実に仕事をこなし続けている。誰も止められないほど圧倒的な強さを誇ったわけではないが、ローマはチームとしてよく機能し、実に魅力的だった。

 トッティの最前線起用がハマったローマは、チャンピオンズリーグ(CL)・ベスト16でリヨンを完封。準々決勝ではマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、第2戦目にまさかの7失点大敗を喫したものの、2-1で勝利した第1戦での戦いぶりは賞賛に値するものだった。

 今でこそよく目にするようになった「ゼロトップシステム」だが、当時としては稀で、スパレッティ監督は一つの革命を起こしたと言える。ローマが与えたインパクトは、それほど大きかった。

ミラン(2006/07シーズン)

ミラン
2006/07シーズン成績
・セリエA:4位(19勝12分7敗)
・コッパ・イタリア:ベスト4
・チャンピオンズリーグ:優勝
監督:カルロ・アンチェロッティ
スタイル:カウンター

2006/07チャンピオンズリーグ決勝 リバプール戦スターティングメンバー
GK:ジダ
DF:マッシモ・オッド、アレッサンドロ・ネスタ、パオロ・マルディーニ、マレク・ヤンクロフスキ
MF:アンドレア・ピルロ、ジェンナーロ・ガットゥーゾ、マッシモ・アンブロジーニ、カカ、クラレンス・セードルフ
FW:フィリッポ・インザーギ

 名将カルロ・アンチェロッティに率いられたミランは魅力に溢れていた。

 イタリア屈指の名門は、4-3-2-1のクリスマスツリー型をベースとしている。

 中盤底には世界最高クラスのパススキルを持っていたアンドレア・ピルロが起用され、攻撃の組み立てやカウンターの起点になり続けた。そして、フィジカルなどに長けているわけではないピルロの脇をジェンナーロ・ガットゥーゾとマッシモ・アンブロジーニが固めることで、中盤の強度を高いレベルに保つ。ピルロがこのポジションで活きたのは、献身的に働く両脇の存在があったからこそと言える。

 シャドーには攻守で幅広く貢献できる万能型クラレンス・セードルフが使われている。そしてもう一枚はカカ。ブラジル人MFの非凡なスピードを活かした突破や抜け出しは、とくにカウンター時大きな脅威となっていた。そして、フィリッポ・インザーギは相手ディフェンス陣の背後を虎視眈々と狙い、常にDFの注意を引き付けている。

 守備ではアレッサンドロ・ネスタとパオロ・マルディーニという世界最高のDFが、相手攻撃陣の戦意を確実に削ぎ落とす。マッシモ・オッドとマレク・ヤンクロフスキは他の選手に比べると地味だが、攻守に献身的に働いた。

 この時ミランの主力を張った選手はほとんどが30代近く。フレッシュさという意味では欠けていたが、長年ともにプレーし、経験値もある彼らだからこそ、これほど魅力的な強さを発揮することができていた。チャンピオンズリーグ(CL)でリバプールにリベンジし優勝したのも、イスタンブールの悲劇を味わった者がほとんど残っていたからこそと言えるかもしれない。

 クリスマスツリー型をベースにCLを制覇したミランはとにかく強く、そして他にはない格好良さがあった。

インテル(2009/10シーズン)

インテル
2009/10シーズン成績
・セリエA:優勝
・コッパ・イタリア:優勝
・チャンピオンズリーグ:優勝
・スーペル・コッパ:準優勝
監督:ジョゼ・モウリーニョ
スタイル:カウンター

2009/10チャンピオンズリーグ決勝 バイエルン・ミュンヘン戦スターティングメンバー
GK:ジュリオ・セーザル
DF:マイコン、ワルテル・サムエル、ルシオ、クリスティアン・キヴ
MF:エステバン・カンビアッソ、ハビエル・サネッティ、ウェズレイ・スナイデル
FW:サミュエル・エトー、ディエゴ・ミリート、ゴラン・パンデフ

 インテルの歴史を振り返る中で、2009/10シーズンの話題が出てこないことはないだろう。ジョゼ・モウリーニョ監督に率いられた青黒軍団は同シーズン、イタリア史上初の3冠を達成。まさに当時の最強クラブだった。

 この時、インテルの自慢は守備にあった。ルシオとワルテル・サムエルの南米センターバックコンビはスペシャルな守備スキルで相手FWを封殺し、右サイドバックのマイコンが攻撃参加に出れば左サイドのクリスティアン・キヴやハビエル・サネッティが巧みにバランスを取る。そして、中盤底ではサネッティやエステバン・カンビアッソが攻守に安定感をもたらしていた。

 そして、チャンスはカウンターからうかがった。

 中堅や下位クラブのカウンターはボールを奪って縦に蹴り込み、前の選手を走らせるという形が多いが、インテルのそれはより繊細。基本的にウェズレイ・スナイデル、サミュエル・エトー、ゴラン・パンデフ、ディエゴ・ミリートの4人でカウンターを仕掛けるが、彼らは技術力、コンビネーションともに抜群で、スピーディーな展開の中でも正確にパスを繋ぎ着実にゴールへ迫っていく。ただ単に速いわけではない、というのが最大の魅力であり、他クラブにとっての大きな脅威だった。

 そして何よりも凄かったのは、ピッチ上の全員が献身的な守備を行ったこと。ウイングのパンデフやエトーでさえまるでSBのようにディフェンスをし、トップ下スナイデルもブロックを築く一員として奮闘した。バイエルン・ミュンヘンとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝は、まさにこの守備意識の高さで勝利をもぎ取っている。チーム全体に高いレベルでそれを植え付けたモウリーニョの手腕は、賞賛に値するものだったと言えるだろう。

 最終ラインの選手はもちろんのこと、WG、そしてセンターフォワードにも守備面での献身性が求められる。今でこそベースとなっているが、当時これをできるチームが、とくに強豪において多かったかというと、決してそうではない。「守備的すぎる」と批判されることもあったが、あくまで「勝利」の二文字にこだわり続けた、モウリーニョらしい見事なスタイルだったと言える。

イタリア代表(2006年)

イタリア代表
2006年成績
・FIFAワールドカップ:優勝
・EURO予選:2勝1分1敗
・国際親善試合:1勝3分1敗
監督:マルチェロ・リッピ
スタイル:カテナチオ

2006年ドイツワールドカップ決勝 フランス代表戦スターティングメンバー
GK:ジャンルイジ・ブッフォン
DF:ジャンルカ・ザンブロッタ、ファビオ・カンナバーロ、マルコ・マテラッツィ、ファビオ・グロッソ
MF:アンドレア・ピルロ、ジェンナーロ・ガットゥーゾ、マウロ・カモラネージ、シモーネ・ペッロッタ
FW:ルカ・トニ、フランチェスコ・トッティ

 イタリアサッカーにおける伝説のチームで、2006年ドイツワールドカップに出場したアッズーリを忘れてはならないだろう。

 同大会前、イタリアではカルチョ・スキャンダルが発覚。指揮官マルチェロ・リッピやGKジャンルイジ・ブッフォンも騒ぎに巻き込まれたため、これが本番のパフォーマンスに影響するのではないかと懸念されていた。

 しかし、イタリア代表はその予想を見事に覆した。

 失点しなければ負けない。青のユニフォームに袖を通した戦士たちは、それを見事ピッチ上で体現した。後にバロンドールを受賞するファビオ・カンナバーロはもはや攻略できないのでは? と思わせるほど高いパフォーマンスを発揮。グループリーグ第3節でアレッサンドロ・ネスタが負傷するアクシデントに見舞われたが、マルコ・マテラッツィやアンドレア・バルザーリがその強度を保った。

 ルカ・トニ、フランチェスコ・トッティらを擁した攻撃陣はやや苦戦したが、アンドレア・ピルロのキックがゴールへの可能性を引き上げた。セットプレーから味方の強さと高さを活かし、針の穴に糸を通すようなパスで相手守備陣を無力化。1点取ればほぼ負けないイタリアにおいて、レジスタの1本は相手にとってかなりの怖さを示していた。

 リッピ監督は代表チーム就任後、「カテナチオ」からの脱却を掲げている。そして大会の中で色々とシステムも変更しているが、やはりベースが守備にあるということに変わりはなかった。中盤底ピルロの横にはジェンナーロ・ガットゥーゾを置いて中盤の強度を保ち、両サイドには運動量豊富なマウロ・カモラネージとシモーネ・ペッロッタを使っていることからも、それは明らかだった。

 結局イタリア代表はフランス代表を下し優勝するのだが、計7試合で喫した失点はわずか2つしかなかった。上記した通りカンナバーロはこの大会後にバロンドールを受賞。イタリアサッカーの「礎」である守備が、世界にその力を大いに示すキッカケとなった。