スムーズではなかったが…

 UEFAユーロ2020(欧州選手権)・準々決勝、スイス代表対スペイン代表が現地時間2日に行われ、PK戦の末スペイン代表がベスト4へと駒を進めている。ラウンド16で優勝候補筆頭のフランス代表を下したスイス代表に、ルイス・エンリケ監督率いるチームはなぜ勝てたのだろうか。(文:小澤祐作)

——————————

 コーナーキックの流れからジョルディ・アルバにボールが渡ると、同選手は迷わずミドルシュートを選択。するとこれがデニス・ザカリアに当たり、シュートはゴールの中に吸い込まれていった。開始わずか8分の出来事である。

 早々に思わぬ形で動いたこの試合は、結果的にかなり激しくハードな展開となる。とくにスイス代表のイレブンは、今出せるすべてのものを出し切ったと言えるだろう。

 ラウンド16でクロアチア代表との死闘を制したスペイン代表にとっては、再び難しい試合となった。スイス代表はこれまでのベースとなっていた3バックではなく、4-2-3-1の形をとり、マンツーマンで対応してきている。スペイン代表はインサイドハーフのコケとペドリが動いて相手のダブルボランチを広げ、そこにできたスペースへセンターFWのアルバロ・モラタが入り楔のパスを打ち込む、ということを繰り返したが、その後の展開をスムーズに行えなかった。

 しかし、スペイン代表にとって幸運だったのは、上記した8分の先制ゴールがあったことだ。それによりリードを得ているため、攻撃をあまり急ぐ必要がなかったのである。追加点を奪えればもちろん最高だったが、ボールをしっかりと保持し時間を進めるということ自体は決して悪くなかった。

 スイス代表は立ち上がりにブレール・エンボロが負傷交代を余儀なくされるアクシデントに見舞われ、さらにこの日は累積警告によりグラニト・ジャカが不在だった。その影響もあり、なかなか効果的なカウンターを発揮できず。前半は、ややスペイン代表が優勢を保ちながら終えることになった。

 しかし、スペイン代表は後半、一転して相手に流れを与えることになる。

試合が大きく動き出した後半

 その理由はスイス代表の守備変更にあった。前半はジェルダン・シャキリがセルヒオ・ブスケッツに張ることでハリス・セフェロビッチ一人がセンターバック2枚を見るという形だったのだが、後半はシャキリもCBにプレッシャーを与えるように。そして、それに伴いチーム全体のラインも押し上がった。そのため、スペイン代表は前半のようにゆったりとボールを持つことが許されず、ビルドアップ時に簡単なミスも犯すようになった。

 68分には、積極的に前へ出てきたスイス代表を前に自陣でボールを失い、ショートカウンターを許す。そして最後はDF陣の連係ミスが生じ、シャキリに点を奪われている。スイス代表にとってはこれがこの日2本目の枠内シュートだった。

 スペイン代表はその後、攻撃時に左サイドバックのJ・アルバを一つ前に出し、右SBのセサル・アスピリクエタを最終ラインに残した可変式を採用。攻めのバリエーションをより増やし、スイス代表の攻略を試みている。しかし、同点としたラ・ナティの勢いは落ちない。スペイン代表の時間ではなかった。

 しかし77分、またもルイス・エンリケ監督率いるチームに幸運が訪れた。レモ・フロイラーがジェラール・モレノにスライディングタックルを見舞い、一発退場を命じられたのである。少し厳しい判定だったようにも思えるが、いずれにしてもこれでスペイン代表は数的優位を得た。

 もはやこうなると、戦術の駆け引きどうこうの問題ではなくなる。数的優位のスペイン代表がいかに早く崩すのか、そして数的不利のスイス代表がどこまで耐えるのかという、単純なものだった。

準決勝へ向け残る大きな不安

 試合は結局1-1のまま延長戦に突入することになっている。数的不利に加え疲労も重なったスイス代表はさすがに自陣へ張り付け状態となり、対するスペイン代表はそこを叩き続けた。スコアが再び動くのは、時間の問題かと思われた。

 しかし、スペイン代表は数的不利な状況にあるスイス代表から点を奪えず、結果的に120分間で1得点を挙げるに留まってしまった。スイス代表に大きな自信を与えたまま、運命のPK戦に臨むことになったのだ。

 それでも、スペイン代表は最後まで「運」を味方につけた。GKウナイ・シモンの大活躍でPK戦を3-1で制し、優勝した2012年大会以来となるベスト4へ駒を進めている。この結果は、素直に評価するに値するはずだ。

 しかし、スペイン代表が準決勝に向け大きな不安を残したのもまた事実。それはやはり、決定力の問題だ。

 スイス代表の守備陣が最後まで集中力を切らさず、GKヤン・ゾマーも素晴らしいパフォーマンスを披露していたのも確かなのだが、それにしても押し込む力が弱すぎた。シュート数は実に28本にも積み上がっており、ペドリ(5本)、コケ(4本)、J・アルバ(4本)から何度もキーパス(シュートに繋がったパス)が出ていたにも関わらず、オウンゴールの1点に終わった攻撃陣の責任は重い。今に始まったことではないが、改めて大きな問題だと感じさせられた。

「今日はちょっと運が足りなかったかな」と話したのはスイス代表のシャキリ。スペイン代表はオウンゴールで先制を奪い、相手に退場者が出てPK戦を制すなど、最後まで「運」が活躍したことが勝利に繋がった。しかし、次はそうはいかないだろう。

 準決勝で戦う相手はベルギー代表を下したイタリア代表だ。スイス代表戦より厳しい戦いを強いられると思われる中でいかにワンチャンスを活かせるかが重要となってくるが、今のスペイン代表にその力があるかは不安である。決定力に関しては明確な解決策はないが、FW陣の奮起に期待したい。

(文:小澤祐作)