ドイツサッカー連盟は5日、東京五輪に臨むU-24ドイツ代表メンバーを発表した。

 U-24ドイツ代表は、19人の招集メンバーでオーバーエイジ枠は3人。ウニオン・ベルリンのFWマックス・クルーゼ、ヴォルフスブルクのMFマクシミリアン・アルノルト、レバークーゼンのMFナディーム・アミリが呼ばれた。

 GKには24歳のスベンド・ブロデルセンという選手が招集されている。こちらは6月末にザンクト・パウリを退団したGKだが、連盟からの五輪招集リストでは所属先が横浜FCと記されている。横浜FCから現時点で獲得の発表はないが、これから動きがあるかもしれない。

 U-24ドイツ代表は、東京五輪でグループDに入っており、ブラジル代表、コートジボワール代表、サウジアラビア代表と同組だ。

 招集メンバーは以下のとおり。

▽GK
スベンド・ブロデルセン(横浜FC)
フロリアン・ミュラー(シュトゥットガルト)
ルカ・プログマン(ブレーメン)

▽DF
ベンヤミン・ヘンリクス(ライプツィヒ)
アモス・ピーパー(ビーレフェルト)
ダビド・ラウム(ホッフェンハイム)
ヨルダン・トルナリガ(ヘルタ・ベルリン)
フェリックス・ウドゥオカイ(アウクスブルク)
ヨシャ・バグノマン(ハンブルガーSV)

▽MF
ナディーム・アミリ(レバークーゼン)
マクシミリアン・アルノルト(ヴォルフスブルク)
ニクラス・ドルシュ(ヘント)
イスマイル・ヤコブス(ケルン)
エドゥアルト・レーヴェン(ボーフム)
アルネ・マイヤー(ヘルタ・ベルリン)
アントン・スタッフ(グロイターフュルト)

▽FW
マックス・クルーゼ(ウニオン・ベルリン)
セドリック・トイヒャート(ウニオン・ベルリン)
マルコ・リヒター(アウクスブルク)