レアル・マドリードを退団して移籍先を探しているスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、パリ・サンジェルマン(PSG)に加入することがほぼ確実になったとみられている。仏紙『レキップ』など複数メディアが伝えた。

 S・ラモスは6月末までとなっていたマドリーとの契約を延長せずに退団することを先月16日に発表。2005年から16年間を過ごし、4度のチャンピオンズリーグ優勝など数々の栄誉を手にしていたクラブを離れることになった。

 移籍先候補としてはマンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、チェルシー、ミラン、ローマ、古巣であるセビージャなど様々なクラブが噂となっていた。だがPSGが争奪戦をリードし、獲得決定に迫っていると報じられている。

 報道によればS・ラモスは現地時間5日夜にはパリに到着したとのこと。6日あるいは7日にはPSG加入に向けたメディカルチェックが行われ、7日に加入決定の発表が行われると見込まれるようだ。

 S・ラモスとPSGとの間では2年契約が合意に達しているとみられる。現在35歳のS・ラモスにとっては37歳までの契約ということになる。