29年目を迎えたJリーグでは、これまでに数多くの選手がゴールを決めてきた。京都サンガでも、数多くのゴールが生まれ、クラブの歴史を刻んできている。今回は、京都サンガでプレーした日本人選手の中から、所属時の得点ランキングを紹介する。※成績はJリーグ通算

—————–

5位タイ:2019年に10ゴールを記録

仙頭啓矢
生年月日:1994年12月29日
Jリーグ通算成績:118試合/22得点
在籍時期:2017-19, 20

 昨年まで京都サンガでプレーしていた仙頭啓矢が、クラブの歴代日本人得点ランキングで5位になった。118試合に出場して22得点を記録している。

 京都橘高校から東洋大学に進学した仙頭は、2017年に京都サンガに入団。1年目に5ゴールを挙げると、2019年には10ゴールを記録した。

 その後、横浜F・マリノスへ移籍してJ1に初挑戦するも、定位置を得られずに半年後に京都サンガに復帰。半年で6ゴールを記録し、今年サガン鳥栖へ移籍した。

5位タイ:仙頭とは名コンビ

小屋松知哉
生年月日:1995年4月24日
Jリーグ通算成績:116試合/22得点
在籍時期:2017-19

 2017年から3シーズンにわたって活躍した小屋松知哉が、仙頭啓矢と並んで5位タイだ。

 小屋松は2014年に名古屋グランパスに入団するも、ケガもあって思ったような働きができず、2017年に京都サンガに移籍する。

 そこで再会したのが、京都橘高校の1年先輩である仙頭だ。全国高校サッカー選手権大会で京都橘高校を準優勝に導いた2人が京都サンガで再会。それも同じゴール数だというのだから、驚くべき偶然だ。そして現在、2人はともにサガン鳥栖でプレーしている。

4位:松井大輔の1年後輩

田原豊
生年月日:1982年4月27日
Jリーグ通算成績:144試合/23得点
在籍時期:2002-08

 2002年に京都サンガに加わった田原豊が、クラブ歴代日本人得点ランキングの4位だ。144試合で23ゴールを記録している。

 横浜F・マリノスでプロキャリアを始めた田原は、2002年途中に京都サンガに移籍。次第に出番を増やし、2005年には長身を武器にJ2で32試合に出場して9ゴールを挙げた。

 同じ時期に所属した松井大輔は、田原にとって鹿児島実業高校の1年先輩だ。

3位:京都の至宝

宮吉拓実
生年月日:1992年8月7日
Jリーグ通算成績:204試合/37得点
在籍時期:2008-15, 19-

 京都サンガの歴代日本人得点ランキング・トップ10で唯一の現在所属選手が宮吉拓実だ。204試合の出場で37得点を挙げている。

 京都サンガの下部組織で育った宮吉は、各世代別の代表を経験。2008年に16歳でJリーグデビューを飾り、17歳でクラブ史上最多得点記録を更新した。

 その後、カターレ富山、サンフレッチェ広島、コンサドーレ札幌でプレーした宮吉は、2019年に京都サンガに復帰。今季はここまで4ゴールを挙げている。

2位:J2得点王に輝いた元日本代表FW

大黒将志
生年月日:1980年5月4日
Jリーグ通算成績:110試合/48得点
在籍時期:2014-15, 17

 大黒将志が京都サンガの歴代日本人得点ランキング2位だ。110試合で48ゴールと、クラブに多くのゴールをもたらしている。

 ガンバ大阪で活躍したあと、ヨーロッパに挑戦。その後日本に戻った大黒は、2014年に京都サンガに加わった。すると、J2で圧倒的な得点力を披露。42試合で26ゴールを挙げた。チームは9位でシーズンを終えたが、大黒自身はJ2得点王に。それも2位に6点差をつける大差だった。

 京都サンガ2年目にも16ゴールを記録した大黒。京都サンガでも、さすがの得点力を見せつけた。

1位:J2で1シーズンに30得点

黒部光昭
生年月日:1978年3月6日
Jリーグ通算成績:138試合/62得点
在籍時期:2000-04

 京都サンガの歴代日本人得点ランキング首位は、黒部光昭だ。138試合で62ゴールを記録し、2位以下に大きな差をつけている。

 黒部は2000年、大学卒業後に入団。プロ1年目は定位置を得られずにいたが、2年目にブレーク。J2で41試合に出場して30ゴールを挙げた。これはこのシーズンのJ2全体で2位、日本人ではトップの得点数で、京都サンガの昇格に貢献している。

 黒部の得点力はJ1でも通用。2002年に13ゴール、2003年に10ゴールと2年連続で2ケタゴールを決めた。