監督交代で変わったイングランド代表

UEFAユーロ2020(欧州選手権)決勝、イタリア代表対イングランド代表が現地時間11日に行われる。ガレス・サウスゲート監督の存在なくして、これまで届くことのなかったユーロ決勝の舞台にイングランド代表がたどり着くことはなかっただろう。果たして、イングランド代表指揮官はどこが優れているのだろうか。(文:ショーン・キャロル)
——————————————

 イングランドのファンは、こういった状況に慣れてはいない。

 国際大会の開幕前に期待が高まるのはいつものことだ。今回こそ栄光を手にするチームになる、フットボールがついに「母国に帰ってくる」という楽観論は毎回出てくる。

 だが結局、選手たちは「届かない」。より正確に言えば、実力通りに進むべきところまでは進む。その後は批判と非難と戦犯探しが始まり、また次のサイクルへと続いていく。

 だがガレス・サウスゲートがイングランド代表監督に就任して以来、事情は変わってきた。現在のチームはまさに彼のイメージ通りに作り上げられたチームだ。

 クリスタル・パレス、アストン・ビラ、ミドルスブラの元選手だったサウスゲートが育成部門の責任者としてイングランドサッカー協会に加わったのは2011年初頭のことだ。続いて2013年8月にはU-21代表監督に任命され、任期中にはジョーダン・ピックフォードやジョン・ストーンズ、ハリー・ケインなど今回のユーロ出場メンバーの何人かとも一緒に仕事をしていた。

 ユーロ2016を終えロイ・ホジソンが辞任したあと、サウスゲートはイングランドA代表の監督就任レースから一旦は身を引いた。だが2016年9月にサム・アラーダイスがスキャンダルによる退任を余儀なくされると、暫定監督として渋々チームの指揮を引き継ぐことになる。それでもピッチ上での結果と代表監督としての振る舞いの両面で就任直後から強烈な印象を残し、2ヶ月後にはスリーライオンズの指揮官として正式契約を交わした。

リーダーに必要な性質とは…

 ブレグジットや、社会正義をめぐる抗議活動、新型コロナウイルスなど様々な要因による分断と衝突が絶えない時代のイングランドにあって、常に冷静さと他者への敬意を失わず、威厳と知性を感じさせるサウスゲートは称賛を集める存在となった。2018年ロシアワールドカップではイングランド代表を準決勝進出に導き、今週末にはユーロ2020決勝でイタリア代表と激突する。

「過去数年間、この国のリーダーたちはレベルの低さばかりが目立った。だがあの男を見てみると、リーダーに必要な全てが揃っている。礼儀正しく謙虚であり、誠実で嘘を吐かない。ガレス・サウスゲートという男は本当に最高だ。まさに驚異的だ。そして素晴らしい仕事をしてきた」。水曜夜のデンマーク戦にイングランドが2-1の勝利を収めたあと、元マンチェスター・ユナイテッドとイングランド代表のDFであり、現在テレビ解説者を務めるガリー・ネビルはそう話していた。

 監督の言動は選手たちにも伝わり、現在のイングランド代表は近年で最も団結力があり最も好感の持てるチームのひとつとなっている。過去には名前で選ばれた選手たちが、個人として優れた才能を持つスター選手であることは確かだとしても、一人ひとりの能力の合計値を上回るチームを生み出すことはできないというケースがあまりにも多すぎた。

 それを変えたのは、サウスゲート監督の対人スキルに他ならない。ファンからはジャック・グリーリッシュやジェイドン・サンチョといった選手たちをもっと先発起用すべきだという声も盛んに上がっているが、選手たち自身は監督の決定を全面的に理解しているように感じられる。

グリーリッシュが称賛する指揮官の能力

「僕とガレスについて色々書かれているのを目にすることもあるけど、彼との関係は素晴らしいものだ。選手全員に同じことが言える。彼の人材管理力は素晴らしいよ」。ウクライナ代表との準々決勝を前に、グリーリッシュはこう話していた。

「ハリー(・ケイン)の両側でプレーする選手は6人いる。世界中のほとんどのクラブでプレーできるような選手たちばかりだ。僕と、ジェイドン(サンチョ)、マーカス(ラッシュフォード)、ラヒーム(スターリング)、フィル・フォーデン、ブカヨ(サカ)。本当に強力な6人だ。うぬぼれでも何でもなく、単純に事実としてそうだからね」

「6人全員を起用することはできないけど、監督は全員がチームに関わっていると感じられるようにうまくやってくれている。今でも毎日全員と話をしているよ」

 チーム内のポジティブな人間関係を維持するだけでなく、チームを取り巻く諸問題に対してもサウスゲートは雄弁かつ毅然とした対応を取ってきた。人種的不平等と差別の問題を浮き彫りにするため、試合前に選手たちがひざまずくことを決断した時もそうだった。大会前の6月初旬にミドルスブラで行われたオーストリア代表との親善試合では、膝をついた選手たちに対して観客の一部から明らかなブーイングも聞こえてきたが、指揮官は問題から逃げるのではなく正面から向き合ってみせた。

「大多数の観客が打ち消してくれたのは喜ばしいことだったが、(ブーイングが)起きたという事実は否定できない」

「批判的な声だと感じられるので、チーム内の黒人選手たちのことを思えば、聞きたいものではなかったのは確かだ。だが選手たちにとって何より大事なのは、チームメートとスタッフの全員が支持してくれていると感じられることだと思う」

称賛に値する指揮官の仕事ぶり

 一部のメディアも含めて、イングランド代表に対するサポートの中には、代表チームを応援する楽しみをやや阻害するような行為も相変わらず存在している。傲慢な姿勢であったり、対戦相手の国歌に対するブーイングであったり、その他の行き過ぎた愛国的振る舞いであったり。だがそういった中でもサウスゲートが自分自身の信念を貫きつつピッチ上で結果を出すことができていることには大きな価値がある。

「彼はとにかく正しく振る舞う男だが、かなりの怒りや敵意にも晒されている。いつかはそれが彼に届いてしまうのではないかと恐れるのも無理はない。彼はこの国に残された最後の良識ある人間であるかのように感じられる」。決勝トーナメント1回戦でイングランドがドイツを破った試合のあと、バーニー・ロネー氏は50歳の指揮官についてそう書いていた。

「フットボールが母国に帰る」という常套句に現在どのような意味が込められようとも、元々このフレーズは、ほぼいつも落胆を味わうばかりのサッカーファンを皮肉るものとして書かれた歌であったことを忘れてはならない。ユーロ96に合わせてリリースされた曲であり、それは他ならぬサウスゲートが準決勝のドイツ戦でPKを失敗してしまった大会だ。その彼が、イングランドのファンに希少な歓喜の瞬間をもたらすことができるかどうかはまだ分からない。だがイタリア戦の勝敗にかかわらず、チームをここまで導いた彼の業績と仕事ぶりが称賛に値することは間違いない。

(文:ショーン・キャロル)

【了】