キリンチャレンジカップ2021のU-24日本代表対U-24ホンジュラス代表戦が12日に行われている。前半13分にDF吉田麻也のゴールで日本が先制点を奪った。

 東京五輪の開幕まであと10日に迫ったU-24日本代表は、“仮想メキシコ”となるホンジュラス相手に序盤から優勢。12分には久保建英からのクロスに三好康児が合わせたシュートが惜しくも左ポストを叩くなど押し込む展開が続く。

 13分にはその良い流れの中で先制点を奪うことに成功。相手陣内右寄りの位置でFKを獲得すると、久保が左足でゴール前へ浮き球を送り込む。その落ち際に吉田が飛び込み、右足アウトサイドで合わせてゴールネットを揺らした。

 攻守に存在感を発揮するオーバーエイジ(OA)枠の選手の一人が力を発揮し、順調なスタートを切ることに成功したU-24日本代表。ここからさらにゴールを重ねていきたいところだ。