キリンチャレンジカップ2021のU-24日本代表対U-24ホンジュラス代表戦が12日に行われている。前半40分にはMF堂安律がゴールを挙げ、U-24日本代表がリードを2-0に広げた。

 日本は前半13分にDF吉田麻也のゴールで先制。FKから久保建英がゴール前に入れた浮き球の落ち際に飛び込み、右足で柔らかく合わせてゴールに押し込んだ。

 その後も日本はボールを支配し優位に試合を進める。ホンジュラス守備陣のブロックやGKのセーブに阻まれながらも攻め続け、前半のうちに2点目を奪うことに成功した。

 追加点は左サイドを起点とした流れるような連携プレーから生まれる。久保のスルーパスで駆け上がった冨安健洋がクロスを入れると、三好康児がスルーしたボールを林大地がポストとなってダイレクトで落とし、最後は堂安の右足シュートがゴール左隅に収まった。

 前半は理想的な試合運びで2点のリードを奪ったU-24日本代表。後半もさらなるゴールに期待したい。