29年目を迎えたJリーグでは、これまでに数多くの選手がゴールを決めてきた。清水エスパルスでも、数多くのゴールが生まれ、クラブの歴史を刻んできている。今回は、清水エスパルスでプレーした日本人選手の中から、所属時の得点ランキングを紹介する。※成績はJリーグ通算

—————–

5位:エスパルスから世界へ

岡崎慎司
生年月日:1986年4月16日
Jリーグ通算成績:121試合/42得点
在籍時期:2005-10

 清水エスパルスの歴代日本人得点ランキング5位は、岡崎慎司だ。121試合で42ゴールを記録した。

 高校卒業後にエスパルスに入団した岡崎は、すぐに定位置を得られたわけではない。しばらくサテライトで経験を積む日々だった。3年目は徐々に出番は増え、5ゴールを挙げたが、中盤での起用が多かった。それでも2008年に10ゴールを記録すると、エスパルスの点取り屋としての存在感を強めていった。

 エスパルスでの活躍が日本代表招集につながり、2010年にはドイツのシュトゥットガルトへ移籍。レスターでのプレミアリーグ制覇など、大きな成功を収めた。世界的な選手が育ったクラブということは、エスパルスにとって大きな誇りかもしれない。

4位:監督としても清水をけん引

長谷川健太
生年月日:1965年9月25日
Jリーグ通算成績:207試合/45得点
在籍時期:1992-99

 長谷川健太が清水エスパルスの歴代日本人得点ランキング4位だ。207試合で45ゴールを挙げている。

 現在FC東京を率いている長谷川は、Jリーグ設立の1992年にエスパルスに加入。1年目に10ゴールを挙げるなど、期待に応えた。1996年のJリーグカップ制覇や1999年のステージ優勝も経験している。

 現役引退後は2005年から2010年にかけてエスパルスで指揮を執った。

3位:22歳でJリーグ最優秀選手に

三都主アレサンドロ
生年月日:1977年7月20日
Jリーグ通算成績:198試合/56得点
在籍時期:1997-2003

 清水エスパルスの歴代日本人得点ランキング3位は、1997年から2003年にかけて所属した三都主アレサンドロだ。198試合で56得点を記録した。

 高校卒業後にエスパルスに入団した三都主は、すぐにプロの舞台で活躍。2年目には10ゴールの2ケタ得点を達成すると、エスパルスがステージ優勝を果たした1999年は11ゴールを挙げて、リーグの最優秀選手賞を受賞した。

 2001年に日本に帰化した三都主は、日本代表としても活躍した。

2位:J2降格とJ1昇格を経験した10番

大前元紀
生年月日:1989年12月10日
Jリーグ通算成績:192試合/66得点
在籍時期:2008-12, 13-16

 大前元紀が清水エスパルスの歴代日本人得点ランキングの2位だ。192試合で66ゴールを挙げている。

 高校卒業後にエスパルスに入団した大前は、プロ3年目からJリーグで存在感を放ち始めると、4年目の2011年に8ゴールを記録。5年目は13ゴールを挙げて、デュッセルドルフに挑戦した。

 ドイツでの経験はほろ苦いものとなったが、2013年8月にエスパルスに復帰。2015年は11ゴールを挙げたもののクラブは降格の憂き目にあう。それでも翌年、負傷離脱もあったがJ2で29試合に出て18得点と高い決定力を示し、エスパルスの昇格に貢献した。

1位:ミスターエスパルス

澤登正朗
生年月日:1970年1月12日
Jリーグ通算成績:381試合/85得点
在籍時期:1993-2005

 清水一筋14年、“ミスターエスパルス”澤登正朗が歴代日本人得点ランキングのトップだ。381試合に出て85得点を記録した。

 Jリーグ初代新人王の澤登は、得意のFKを武器に、エスパルスの司令塔として長年活躍。1996年のJリーグカップ優勝や、1999年のステージ優勝など、エスパルスの歴史の重要なページを記してきた。

 Jリーグでは、3度のシーズン2ケタ得点を達成している。2005年に現役を引退するまで、一度もノーゴールのシーズンがなかったことも圧巻だ。