久保建英のアシストで堂安律が先制点

 U-24日本代表は17日、キリンチャレンジカップ2021でU-24スペイン代表と対戦した。

——————————

【U-24日本 1-1 U-24スペイン キリンチャレンジカップ2021】

 キリンチャレンジカップ2021のU-24日本代表対U-24スペイン代表が17日に行われた。試合は1-1の引き分けに終わった。

 東京五輪前ラストマッチの相手は、豪華メンバーをそろえたU-24スペイン代表。どちらも本番を想定したメンバーでスタートした。

 試合は序盤から技術力のあるスペインにボールをもたれる展開。U-24日本は、耐えながらカウンターで好機をうかがうことになる。

 0-0で迎えた42分、先制したのはU-24日本だった。久保建英が左サイドをドリブルで切り崩すと、自ら中に持ち込んでマイナスに折り返した。このパスは、堂安律の得意な形にドンピシャリ。U-24日本代表の10番は、左足のダイレクトシュートでゴールネットを揺らした。

 1点リードの日本は、ハーフタイムで7人のメンバー交代。対するスペインは3人の交代で後半に臨んだ。

 後半は1点を追うU-24スペインが前がかりに仕掛けてくる。U-24日本は耐える時間が長くなると、次第に守る位置が下がっていった。防戦一方だったU-24日本は78分、プアドにゴールを奪われ、ついに同点に追いつかれてしまう。

 その後は互いにチャンスがあったものの勝ち越し弾は生まれず、試合は1-1で終了した。東京五輪初戦まであと5日。U-24日本は、強豪スペインとも対等に戦えることを示した。

【得点者】
42分 1-0 堂安律(U-24日本)
78分 1-1 ハビ・プアド(U-24スペイン)