GK

 東京五輪男子サッカーが新型コロナウイルスの影響による1年の延期を経て7月22日に開幕を迎えた。世界が注目するビッグイベントに、果たしてどのような選手たちが挑んでいるのだろうか。今回は、U-24ドイツ代表18人のメンバーを紹介する。

—————————–

フロリアン・ミュラー(背番号1)
生年月日:1997年11月13日(23歳)
所属クラブ:シュツットガルト
20/21リーグ戦成績:31試合出場/46失点(フライブルク)

 U-24ドイツ代表におけるGKのファーストチョイスだ。身長192cm・体重85kgの恵まれた体格と反射神経の良さが大きな武器で、とくに至近距離弾に対し強さを発揮する。昨季はレンタル加入したフライブルクでレギュラーの座を担い、ブンデスリーガ2位となるセーブ率71.6%を記録するなど、大きく評価を高めることになった。ちなみに、父も叔父も祖父も元GKだったという。

スベンド・ブローダーセン(背番号12)
生年月日:1997年3月22日(24歳)
所属クラブ:横浜FC(日本)
20/21リーグ戦成績:4試合出場/8失点(ザンクト・パウリ)

 東京五輪終了後にJリーグへ参戦するスキンヘッドの守護神。下部組織時代から過ごすザンクト・パウリではあまり出番がなくセカンドチームでのプレーが大半を占めているが、リーチの長さが魅力で、そのポテンシャルは計り知れない。横浜FC加入が発表された際にクラブ公式サイトを通じ、子供時代に日本文化に多大な影響を受けて以来、来日が夢になっていたと日本愛を強調した。

ルカ・プログマン(背番号22)
生年月日:2000年3月10日(21歳)
所属クラブ:ブレーメン
20/21リーグ戦成績:8試合出場/14失点(SVメッペン)

 年代別ドイツ代表でのプレー経験が豊富で、2017年にはU-17ワールドカップとU-17欧州選手権の両大会で正守護神を担った。ブレーメンでは出番に恵まれず、昨季レンタル移籍したSVメッペン(3部)でも怪我に泣くなどクラブチームでは苦戦中だが、化ける可能性は十分に秘めている。ちなみに、もしプロサッカー選手になれていなかったらパイロットを目指していたという。

DF

ベンヤミン・ヘンリヒス(背番号2)
生年月日:1997年2月23日(24歳)
所属クラブ:RBライプツィヒ
20/21リーグ戦成績:13試合出場/0得点1アシスト

 すでにドイツ代表でも5試合に出場している今大会注目の一人だ。足元の技術に優れ、メインの右サイドバックのみならず、左サイドやセンターバック、そして中盤でも問題なくプレーできるユーティリティー性を兼備。また、簡単には競り負けないフィジカルも自慢と、非常に多くの魅力がある。マンシャフトのこれからを担える器なだけに、東京五輪での期待値は大きい。

ダビド・ラウム(背番号3)
生年月日:1998年4月22日(23歳)
所属クラブ:ホッフェンハイム
20/21リーグ戦成績:34試合出場/1得点15アシスト(グロイター・フュルト)

 昨季グロイター・フュルトでリーグ戦15アシストを記録と大活躍し、今夏ホッフェンハイムへと引き抜かれた勢いのあるレフティー。身長180cmとサイドバックとしては十分なサイズを誇っていて、ダイナミックにボールを運んでは、最後に高質な左足のキックから決定的な場面を作り出すことを可能としている。東京五輪でも、その非凡な攻撃力は火を吹くだろうか。

フェリックス・ウドゥオカイ(背番号4)
生年月日:1997年9月9日(23歳)
所属クラブ:アウクスブルク
20/21リーグ戦成績:29試合出場/1得点0アシスト

 ドイツ国内で着実に評価を高めるDFが、東京五輪出場の切符を掴んだ。身長193cm・体重89kgの体格から繰り出されるパワーはまさに圧巻で、長い足を活かした鋭いタックルも相手にとって脅威に。そして、センターバックと左サイドバックを務める汎用性にも定評がある。ジェローム・ボアテングと比較されることが多い若きCBは、日本の地でも存在感を見せつけるだろうか。

アモス・ピーパー(背番号5)
生年月日:1998年1月17日(23歳)
所属クラブ:ビーレフェルト
20/21リーグ戦成績:30試合出場/1得点1アシスト

 下部組織時代を過ごしたドルトムントでは芽が出なかったものの、2019年に加入したビーレフェルトで確かに評価を高めている。身長192cmと十分すぎるサイズを誇っていて、勇敢なチャレンジでピンチを防げば、攻撃面では対角線のロングフィードでビルドアップをサポート。センターバックとしての総合能力は決して低くない。今夏にはRBライプツィヒが興味との噂も。

ヨルダン・トルナリガ(背番号15)
生年月日:1997年8月7日(23歳)
所属クラブ:ヘルタ・ベルリン
20/21リーグ戦成績:14試合出場/0得点2アシスト

 8歳でヘルタ・ベルリンのアカデミーに入団し、19歳でトップチームに昇格。ここまで順調な成長を見せている。身長191cm・体重80kgと大柄で対人守備には絶対の自信を持っており、身体が柔らかいため足をグッと伸ばしたシュートブロックやボール奪取でも存在感を示す。ちなみに、もともとFWを務めていたが、元ヘルタU-15監督のアンテ・コヴィッチによりセンターバックに転身。

ケベン・シュロッターベック(背番号16)
生年月日:1997年4月28日(24歳)
所属クラブ:フライブルク
20/21リーグ戦成績:24試合出場/0得点0アシスト

 ハンブルガーSV所属のヨシャ・バグノマンが負傷離脱したため、追加招集という形で東京五輪に参加することになった。身長189cm・体重87kgという十分なサイズを誇り、スピード不足は否めないものの、危機察知能力を活かしたカバーリングなどで最終ラインを引き締める。足元のスキルも悪くない。一方でプレッシャー下における判断力にはやや不安があり、向上が求められる。

MF

マキシミリアン・アーノルド(背番号8)
生年月日:1994年5月27日(27歳)
所属クラブ:ヴォルフスブルク
20/21リーグ戦成績:30試合出場/3得点7アシスト

 昨季ヴォルフスブルクのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献したMFが、オーバーエイジ(OA)として若きドイツ代表に加わった。派手さという意味では欠けるが、左足から放たれるボールの質はピカイチで、組み立てから崩しの局面においてチームの助けに。そして、泥臭い守備も怠らないなど、とにかくよく働く。若き選手たちにとっても良いお手本となるだろう。

ナディーム・アミリ(背番号11)
生年月日:1996年10月27日(24歳)
所属クラブ:レバークーゼン
20/21リーグ戦成績:29試合出場/2得点6アシスト

 ロシアワールドカップ後にドイツ代表デビューを果たしたアタッカーが、オーバーエイジ(OA)枠として選出された。足元の技術に優れており、鋭いターンで前を向いては力強いドリブルでチャンスの可能性を広げる。さらに、ラストパスも冴えるなど、崩しの場面における存在感は特別なものがある。ただ、得点力はあまり高くなく、ここは今後の更なる成長に期待が懸かる。

アルネ・マイアー(背番号13)
生年月日:1999年1月8日(22歳)
所属クラブ:ヘルタ・ベルリン
20/21リーグ戦成績:16試合出場/0得点0アシスト(ビーレフェルト)

 昨季、ヘルタ・ベルリンからレンタル移籍したビーレフェルトで主力を張り、評価を高めたMF。滑らかなボールタッチで相手をいなし、長短を織り交ぜたパスでリズムを生み出せる。ちなみに、16歳の時にひどい腰痛に悩まされサッカーから離れざるを得なくなった。後にその原因が、歯列矯正を行った歯科医のミスによる歯の歪みだったことが判明。それ以降、矯正器具を装着し続けている。

アントン・スタッフ(背番号17)
生年月日:1998年11月15日(22歳)
所属クラブ:グロイター・フュルト
20/21リーグ戦成績:30試合出場/1得点0アシスト

 それまで4部リーグでのプレーが続いていたが、昨季加入したグロイター・フュルトで主力に君臨した。そこで1部昇格に貢献し、さらに先月にはU-21ドイツ代表としてU-21ユーロ(欧州選手権)制覇を経験。そして東京五輪メンバーにも選出されるなど、今ノリに乗っている。バスケットボールの大ファンのようで、東京五輪では「ドイツとアメリカの試合を観たい」と話す。

エドゥアルト・レーベン(背番号18)
生年月日:1997年1月28日(24歳)
所属クラブ:ボーフム
20/21リーグ戦成績:7試合出場/0得点0アシスト(ヘルタ・ベルリン)

 ニュルンベルクでプロデビューし、2019年にヘルタ・ベルリンへ移籍した。ただここでの出番は限られており、2019/20シーズン途中にアウクスブルクへのレンタルを経験。来季はボーフムに期限付きで加入することが決まった。身長188cmと大柄で攻守において活発にプレーし、ユーティリティー性も光る24歳は、新天地で主力に躍り出るため、東京五輪でアピールしておきたい。

FW

ラグナール・アヘ(背番号6)
生年月日:1998年7月28日(22歳)
所属クラブ:フランクフルト
20/21リーグ戦成績:7試合出場/1得点0アシスト

 ニクラス・ドルシュがアウクスブルクへ移籍するため招集辞退となり、追加という形での来日が決まった。スピード、フィジカルの両方が水準以上にあるが、とくにずば抜けているのが跳躍力で、相手選手より遥かに高い位置から叩きつけるヘディングシュートはまさに強烈。セットプレー時はより怖い存在となる。この東京五輪を機に、化ける可能性は十分あると言えるだろう。

マルコ・リヒター(背番号7)
生年月日:1997年11月24日(23歳)
所属クラブ:アウクスブルク
2021/リーグ戦成績:29試合出場/3得点3アシスト

 アウクスブルク下部組織が輩出した近年の最高傑作と言ってもいいアタッカーだ。スピードに乗ったドリブルやディフェンスライン背後へのランニングから一気にゴールを奪うことができ、とくにカウンター時には凄まじい破壊力を示す。東京五輪でも崩しにおける重要なピースとして、起用され続けるだろう。ちなみに、来日中に大事なパスポートを紛失してしまった。

セドリック・トイヒャート(背番号9)
生年月日:1997年1月14日(24歳)
所属クラブ:ウニオン・ベルリン
20/21リーグ戦成績:24試合出場/3得点1アシスト

 年代別代表でのプレー経験が豊富なストライカーで、シャルケ在籍時にはチャンピオンズリーグ(CL)出場も果たしている。攻撃的ポジションならどこでもこなす柔軟性が魅力だ。しかし、飛び抜けた武器は持っておらず、FWとしての怖さがやや薄いという点は否めない。ウニオン・ベルリン同様、今回のチームにおいてもマックス・クルーゼのバックアップになるだろう。

マックス・クルーゼ(背番号10)
生年月日:1988年3月19日(33歳)
所属クラブ:ウニオン・ベルリン
20/21リーグ戦成績:22試合出場/11得点5アシスト

 マキシミリアン・アーノルド、ナディーム・アミリと共にオーバーエイジ(OA)として選出された33歳のベテラン。卓越したシュートテクニックを誇っており、味方の活かし方も十分理解しているなど、その実力はドイツ国内屈指と言っていいだろう。「会場に来られない人のためにも、ドイツを代表してできる限りのことをしてみせる」と話す男は、母国にどこまで貢献できるか。

予想フォーメーション

▽GK
フロリアン・ミュラー

▽DF
ベンヤミン・ヘンリヒス
アモス・ピーパー
フェリックス・ウドゥオカイ
ダビド・ラウム

▽MF
マキシミリアン・アーノルド
アントン・スタッフ
アルネ・マイアー

▽FW
マルコ・リヒター
マックス・クルーゼ
ナディーム・アミリ