あまりにも緩すぎた守備

 東京五輪(東京オリンピック)・男子サッカーのグループリーグA第2節、U-24フランス代表対U-24南アフリカ代表が25日に行われ、4-3でフランスが勝利。決勝トーナメント行きの可能性を残した。しかし、やはり内容に関しては不安だらけ。とくに守備は、プロのレベルにはなかった。(文:本田千尋)

——————————

“一体感”はなかった。25日に行われた東京五輪(東京オリンピック)・男子サッカーのグループリーグA第2戦。U-24メキシコ代表に粉砕されて後がないU-24フランス代表は、U-24南アフリカ代表を相手に4-3と劇的なシーソーゲームを展開。しかし試合の中身は、力が拮抗したチーム同士が死力を尽くして派手な打ち合いを演じた、といったような内容ではなかった。やはりU-24フランス代表には、どうしても大会に対するモチベーションを疑わざるを得ないところがあり、守備面での強度の緩さが、次から次へと失点を招いていった。

 例えば、53分の1失点目。中盤の底から出た低い弾道のロングフィードに対するクレマン・ミシェランの対応は、あまりに緩かった。カットしたボールの処理がなおざりで、コバメロ・コディサンに悠々とかっさらわれてシュートを許し、失点を招いてしまう。このU-24フランス代表の右サイドバックのずさんな守備は、クラブレベルの公式戦であれば、一発でポジションを失って何らおかしくないような対応だった。監督によっては、前半だけで交代させていただろう。

 同様に、72分の2失点目も、81分の3失点目も、モチベーションを疑わざるを得ない守備対応。72分の場面は、右から悠々とクロスを許し、ニアサイドでエビデンス・マクゴパにフリーで合わせられて失点。81分の場面は、ボックスの手前でセカンドボールを拾い切れず、テボホ・モコエナにフリーでミドルシュートを許して失点。特に3失点目の場面では、ボールを失った時の組織的な守備も徹底されていなかった。

 このように失点を重ねるU-24南アフリカ代表戦でのU-24フランス代表の守備陣に、“強度”という言葉は存在しなかった。百歩譲って、シルヴァン・リポル監督にとって満足のいくメンバーを招集することが出来ず、守備面でのチーム戦術を構築する時間がなかったのかもしれないし、日本の真夏の環境への適応が難しいのかもしれないが、それにしても失点の仕方がユースのそれで、プロのレベルではなかった。

 しかし、このU-24フランス代表の守備陣の意欲の低さが、そのままチームとしてのモチベーションに繋がっているかというと、そうとも言い切れない。

ジニャックは怖いが…

 冴えない守備陣とは対照的に、攻撃陣は奮闘。57分にランダル・コロ・ムアニの鋭い仕掛けからアンドレ=ピエール・ジニャックが1点を返すと、78分には、失点を招いた右SBミシュランもさすがにマズイと思ったのか、果敢なオーバーラップからクロスを入れ、中央でジニャックがヘディングで決めて再び同点に追い付く。86分にはジニャックがPKを決めてハットトリック。35歳のオーバーエイジ(OA)のモチベーションは高いようだ。

 92分には、そのジニャックの左からのクロスをコロ・ムアニが頭で繋いで、後ろから入ってきたテジ・サバニエが左足を振りぬいて勝ち越し弾。また、途中から入ってきたアレクシス・べカ・べカも強度の高いプレーを見せるなど、この南アフリカ戦に限っても、守備陣と攻撃陣との間には目の前の試合、引いては大会そのものに対してモチベーションにバラつきがあり、一定の温度差があるようだった。

 このように内実がイビツなU-24フランス代表に対して、第3戦でU-24日本代表が負けることは、ちょっと考えにくい。もちろんジニャックは決して侮れないが、これまでの2試合を振り返ると、吉田麻也と板倉滉のセンターバックコンビは、フランスのOAのセンターFWに簡単に仕事をさせないだろう。

 メキシコ戦ではサイドハーフの相馬勇紀と組んでディエゴ・ライネスを抑えた中山雄太と、フランスの選手を熟知する酒井宏樹の左右両SBがサイドから悠々と突破を許すことも考えられず、遠藤航と田中碧のダブルボランチも含め、後半にかけて押し込まれたメキシコ戦に比べれば、安定したボールポゼッションを回復できるのではないか。ましてや2試合で7失点と強度がないフランスの守備陣に対して、久保建英と堂安律を主軸とする日本の攻撃陣が何もできないということがあるだろうか。

フランスに一体感が生まれなければ…

 強いて言えば、体力面ではU-24フランス代表にアドバンテージがあるかもしれない。緩い守備で南アフリカに勝ち切ったということは、逆に言えば、それだけ体力面では負担がなかったということ。2戦連続で、とりわけメキシコ戦では強度の高いゲームをこなしたU-24日本代表に比べれば、リカバリーに要する時間は少なくて済みそうだ。

 そして内容はともかく、劇的なシーソーゲームを演じて勝ち切ったことで、U-24フランス代表にも日本のような“一体感”が生まれるかもしれない。グループ最後のU-24日本代表戦は、決勝トーナメント進出が掛かった試合。そんな分かりやすい目標が、フランスの選手たちにまとまりを生み出す可能性もある。火事場の馬鹿力というか、2試合で7失点中の守備陣は安定し切れなくとも、U-24日本代表の選手たちの体力が落ちてきた試合の終盤に掛けて、ジニャックが爆発するかもしれない。

 繰り返すが、内実がイビツだった“南アフリカ戦のU-24フランス代表”であれば、第3戦で日本代表が負けることは、ちょっと考えにくい。しかし、モチベーションが低いということは、ポテンシャルを発揮し切れていないということでもある。

 最終戦を迎えるU-24フランス代表は、なんだか不気味なチームと言えそうだ。

(文:本田千尋)