決勝T進出の可能性は高いが…

 U-24日本代表は28日、東京五輪(東京オリンピック)・グループリーグA第3節でU-24フランス代表と対戦する。引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる重要なゲームとなるが、若き森保ジャパンはどのようなパフォーマンスを披露するだろうか。

——————————

 東京五輪(東京オリンピック)に臨んでいるU-24日本代表は初陣となったU-24南アフリカ代表戦を1-0で勝利。そして、25日に行われたU-24メキシコ代表戦でも白星をあげるにことに成功している。今大会のグループリーグにおいて2連勝を果たしたのは、U-24日本代表が唯一だ。

 これで勝ち点を6とした若き森保ジャパンは、本日28日に行われるU-24フランス代表戦を引き分け以上の成績で終えることができれば、文句なしのグループリーグ突破が決まることに。確率は十分高いと言えるだろう。

 ただもちろん、油断はできない。仮にU-24フランス代表に2点差以上つけられて敗北し、U-24メキシコ代表がU-24南アフリカ代表に勝利すると、その時点でグループリーグ敗退が決まってしまう。U-24フランス代表は守備にこそ問題を抱えているが、攻撃力は非凡。緩い入りをするとやられる危険性は高い。

 こうなると、誰をスタメンで送り出すのかというのは非常に難しくなる。現状のベストメンバーで臨み、堅実に勝ち点を奪うことももちろんいいだろう。

 ただ、やはり今後の決勝トーナメントを見据え、ここでは何名かの主力選手を温存しながら戦うことが望ましいと考える。今回は、そうした点を踏まえスタメン案を紹介していきたい。

吉田麻也と酒井宏樹は外せない

 GKはこれまで同様に谷晃生で問題ないだろう。U-24メキシコ代表戦では後半にセットプレーから痛恨の1失点を喫したが、全体的なパフォーマンスに大きな心配はなかった。U-24フランス代表戦では無失点に貢献してほしい。

 右サイドバックは酒井宏樹。2戦連続フル出場中のため本当であれば休ませたいところだが、やはり万が一に備え置いておきたいところ。フランスの選手をよく理解しているという強みもあるからなおさらだ。もちろん、試合展開によっては途中でベンチへ下げるといったことをしてもいいだろう。

 センターバックには絶対的な存在が一人ほしいところで、冨安健洋の欠場が濃厚となると、やはり吉田麻也の起用は避けられない。ここまで2試合続けての先発で疲労はあるはずだが、他の選手のサポートを受けながらU-24フランス代表を完封してほしいところである。

 その吉田の相棒には町田浩樹を推す。今大会ここまで出場はないが、身長190cm・体重80kgの体格はやはり魅力で、大柄FWアンドレ=ピエール・ジニャックに対しても高さであっさりと負けるようなことはないはず。仮に吉田とコンビを組んだ場合、同選手をどこまでサポートできるかも重要となる。

 U-24フランス代表の右サイドに攻撃の中心でロシアワールドカップ優勝メンバーでもあるフロリアン・トバンが入ると予想すると、左サイドバックにはより守備的な中山雄太を起用したい。前回のU-24メキシコ代表戦ではディエゴ・ライネスに仕事を与えなかったが、トバンも同選手とタイプは似ている。再び中山がキープレーヤーを抑え込む可能性は十分だ。

遠藤航はできれば温存したい

 ダブルボランチの一角はこれまで遠藤航が絶対的存在として君臨してきたが、同選手はU-24南アフリカ代表戦でイエローカードを提示されている。もちろん超重要な戦力なのだが、勝っても累積により準々決勝に出られないという最悪の事態は避けたいので、U-24フランス代表戦はできれば温存を勧めたい。

 そこでボランチ起用に推すのは板倉滉だ。遠藤のような圧倒的な推進力などはないものの、対人戦の強さは非凡。よりフィジカルに長けた選手の多いU-24フランス代表に対しても、粘り強く戦ってくれるはずだ。

 ボランチのもう一枚は田中碧。U-24南アフリカ代表戦、そしてU-24メキシコ代表戦で連続スタメン起用され、攻守で奮闘してきた。U-24フランス代表戦でももちろん同様の働きが求められる。ただ、田中もイエローカード一枚をすでに貰っている。2枚目だけには気を付けなければならない。

 2列目は右から堂安律、三好康児、三笘薫でどうだろうか。

 久保建英が2試合連続スタメンを張り攻守においてかなり走っていたため、ここで思い切った温存をしてもいいだろう。トップ下に三好康児を起用し、右サイドハーフは堂安律。ただ堂安に関してもここまで2試合続けてのスタメン出場となっているので、後半のどこかで久保や他の選手との交代があってもいいはずだ。

 そして左サイドハーフは三笘薫。同選手は怪我の影響でグループリーグ2試合を欠場していたが、どうやら回復したよう。緩慢な守備が目立つU-24フランス代表に対し、彼の切れ味鋭いドリブルが通用する可能性は十分と言えるだろう。また、こちらもスタメンに推す田中との“川崎フロンターレコンビ”(田中はデュッセルドルフへの移籍が決まったが)の連係に期待したい。

 ワントップに推薦するのは上田綺世だ。過去2試合は林大地が攻守において献身的に働き評価を高めてきたが、上田にはストライカーとしてより得点という部分にこだわってほしいところ。オフ・ザ・ボールの巧みな動き出しやポジショニングの良さを武器に、U-24フランス代表の守備を攻略したい。